紫陽花亭的 不規則正しい日常

スーパー糖質制限を始めて7年目になる飲んだくれDM2おやぢの日々の捏造記録などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福岡えにっき vol.16 番外編 これでおしまい VOWの巻

貼り紙禁止 …って、お上が貼っちゃだめでしょ

  貼り紙禁止

  (ロケ地:福岡空港)


火気厳禁だが、吸い殻がいっぱい

  火気厳禁

  (ロケ地:福博であい橋)


う〜ん、改行がなんだか…

  ヘモグロビン

  (ロケ地:赤坂の薬局)


大雪の影響? じゃないよね
他の松屋は営業してたもん なにが原因だ?

  松屋

  (ロケ地:国体道路の松屋)


無題

  中洲の薬局

  (ロケ地:中洲の薬局)


今どきの若者は、ほんとにするらしい
「しろ」と言われても、ムリ

  トイレ

  (ロケ地:天神の某コンビニ)


魚のない鮮魚店

  鮮魚店

  (ロケ地:博多区洲崎町)


合掌

  合掌

  (ロケ地:博多区洲崎町)


スポンサーサイト

テーマ:何気ない日常の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/02/23(日) 23:23:23|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡えにっき vol.15 番外編 マンホール

すっかり撮ることも忘れていたマンホール画像
30年… 20年… 前にブログなんてものがあれば
たぶん全国のかなりの市町村のマンホール画像
だけでなく酒場画像も今頃集まっていたんだがなぁ

  福岡マンホール1

  福岡マンホール2


道路下水道局のWebPageによると
「福岡市は、平成2年3月末に下水道普及人口100万人を突破したことを記念して、デザインを公募しました。「下水道施設のイメージアップと市にふさわしい個性的なデザイン」というテーマで、全国から735点の応募があった中から、鳥、ヨット、街並みなどの抽象的なデザインの組み合わせが「人の都・福岡市のアクティブなイメージ」を連想させるという評価を受けた現在のデザインが選ばれ、平成3年4月から新しい蓋への切り替えが始まりました。」

だということだ
あ、そうなの?
確かに撮った時は、上下左右の正解が解らなかった

もう一枚は、市の花「芙蓉」のデザインらしい


あ〜あ、筑後市のマンホール画像は撮り忘れているし…


テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/02/23(日) 23:02:14|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡えにっき vol.14 番外編 ローソンのブランパン事情を視察する

えー、ふだんローソンのブランパンは
諸般の理由があってほとんど食べない紫陽花亭だが
まぁせっかく博多の街を徘徊するし
「東京に比べて品揃えがプア」
…なんてウワサも聞いたので
ついでにローソンの棚も覗いてみようという作戦

  ローソン キャナル


まずは初日の夜中にホテルの隣のローソン
ポップはあるが、在庫はゼロ
ま、26時だからね、仕方ないか


翌日

一軒目

  中洲二丁目点

  中洲二丁目店 棚

まだ入荷前?
ってこともないだろうから、発注自体がこんなもの?
品揃えはプア、メロンパンはちょっとコンセプト違うし


二軒目

  上川端店

  上川端店 棚


種類は違うが、やっぱりこんなもん?


三軒目

そろそろ店も記録がない(^^;) たぶん天神の地下街
ここは場所柄か、一番在庫の種類も豊富で
やっとブランサンドもあった
嗚呼 画像がぼけぼけだ

  天神のローソン

  天神のローソン2


もうやめようか…


たまたまなのか
こんな程度なのか
東京でも店や地域によってばらつきはあるしね
たかだか中洲や、その周辺をちょっとお邪魔しただけの
おざなりレポート
しかも買わなかった m(__)m


博多は「地方」と呼ぶには大都会過ぎるが
いわゆる「地方」で糖質制限を実行するのは
都会に比べて、とても難しいように思われる
どうしても炭水化物の呪縛が強いし
糖質制限自体が浸透してなく、理解も得られていない

だから、こうしてコンビニで手軽に低糖質のパンが買えること
ブランパンというものを啓蒙していただけることは
それも全国規模で「糖質」という単語を知らしめてくれるだけで
大変ありがたいことだ

ローソンに感謝!







テーマ:パン - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/23(日) 02:23:14|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡えにっき vol.13 LCC初体験

何しろ、去年はたぶん仕事を始めてから初めて
飛行機という乗り物に縁のない一年だった
今回の福岡往復は、だからすごく久しぶりのフライトになる

運賃節約と、どうせなら、ということで
帰りは初めてのLCC、Jetstarに搭乗

その前に出発ゲートの前にあるロイヤルで珈琲…
のつもりが、何故か一口餃子とハイボール
糖質まつりはおしまい、と書いたそばからこれだ

  ロイヤル


搭乗手続きもスムースに済み
ウワサ通り、手荷物の重量チェックもなく
機材も新しくてシートピッチも窮屈さを感じず
快適なフライトだった

  搭乗口

  搭乗券


離陸前にCAがやってきて
「紫陽花亭様、¥500分のフライトバウチャーがあるので
 メニューからご注文なさる商品をお選び下さい」という
選択肢はソフトドリンクか酒
ま、常識的にお茶かハイボールを選べばよかったのだが
新・一番搾りが「あたしを選んで」と囁くではないか(空耳)
ついふらっと「ビールを」と言ってしまうと
「ビールセットもございますので、そちらの方がお得でございます」
としつこく?サジェスチョンされる
だってセットのクラッツってスナック菓子
もろ炭水化物でしょうが
でも、ああだこうだ理屈を並べるのも大人じゃないし
第一、ビールをチョイスしているのだから説得力もない

  一番搾り


クラッツの封は切らずにビールだけを飲み干す
ちなみに、ビールは開栓して渡されるのでお持ち帰りはできない

ぷはっ

これで本当に糖質まつりはおしまい、〆のビール

無事定刻に成田着
成田も凄く久しぶりだったが
スムースに京成に乗り継ぐことができた
成田からはすごく遠いが
羽田だって90分はかかるので、その辺もストレスはなし

さて、次はいつ乗れるかな

という訳で、おさかなさま
まだまだ、あと少し続きます


テーマ: - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/22(土) 22:22:22|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

福岡えにっき vol.12 元気一杯アゲイン

さて、どこで『最後の午餐』をするか

候補はいくつかあった
「8年前に出会ってはまった、薬院のマニアックな蕎麦屋」
「仕事仲間お勧めのラーメン屋」

どっちも炭水化物じゃん(* - -)

帰りのフライトの時間やら、あれこれの事情も考え
元気一杯を再訪

行列で時間を浪費したくなかったので、11時過ぎに訪れると

  元気一杯開店告知


看板もなにもないシャッターの前に人の列ができているので
通りがかる車が減速して
不思議そうに様子を覗っていくのがおかしい

そういえば、昨夜屋台でこの店の話をすると
「ああ、あの店主がへんくつらしい店ね」
みたいな評判でお客さんの意見が一致していた
でも、食べたことがある人は誰もいなかった
昨日の印象は、そうしたウワサとは大分違うものだったので
どうやら、以前の評判が独り歩きしている模様

事実、ネットでこんな記事すら見つけた

  → 元気一杯に行く前の予習 

但し、かなり以前に書かれたもので
ここに書かれていることは、もはや伝説となっている

食べログでは、こんな感じだ → 元気一杯の食べログ


会計の時に「仲間情報で訪ねたこと」
「美味しかったので再訪したこと」など告げると
とても喜んでくれた
その仲間はかなりの常連なので、こういう情報はありがたい
I君、ありがとう!


これにて博多糖質まつりはおしまい
帰ったらしばらくは品行方正に過ごそう
ラーメンも当分は食わなくても満足

…などと言いつつ、以前のお気に入りで
5年前にスーパー糖質制限を始めた時に
泣く泣く在庫を捨てた熊本・五木製麺の乾麺を
今回つい買ってしまったおばかさん
ま、ケース買いしなかっただけでも、よしとしよう

  五木製麺



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/22(土) 12:13:14|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

福岡えにっき vol.11 マニアックな肉屋

あっという間の博多最終日
さて、残ったミッションを粛々と実行

博多さんしょうに再び出向き
マニアックな肉屋で牛ホルモンやすもつなどを購入

前日おやじさんと少し話し
東京に持ち帰る相談もしたので
顔を見せただけで「あ、ホルモンでしたよね」と
冷凍庫に走ってくれた

この肉ケースを見ているだけで、なんだかうきうき

  肉屋1

  肉屋2

  肉屋3

  肉屋4


ミックスホルモンは店毎にブレンドも違い
ホントならその比較も楽しみたいが
今回は一種類だけで、ガマン

  すもつ

すもつ=「酢モツ」=モツのポン酢和えは
博多らしいつまみの代表格の一つ(と、勝手に思っている)
こんなものがふつーに店頭に並んでいるのも、うれしい

  酢モツ


どちらも東京ではレアもの
そこいらの肉屋では買えない
ちなみに、ミックスホルモンはスーパーにも置いてあるが
値段が全然違う

さて、博多最後のメシだ


テーマ:お店紹介 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/22(土) 10:11:22|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

福岡えにっき vol.10 中洲の夜再び

今宵もいそいそと「大政」へ
今日は当然ネタケースも満杯だ
ふつうの屋台とは違い、玄界灘の海の幸が所狭しと並ぶ

  おでん


今日も基本的に おでんだけまず選び
あとはおまかせ

  おでん


  たいらぎ刺 ああ、いきなりの悦楽

  貝柱


  ぷりっぷりの焼ガキ

  焼ガキ


  この季節だけのお楽しみ つくし玉子とじ

  つくし卵焼き


  まだ口開けだったので、昨夜のメニューのままだった
  常連のお客さんが書いたらしい

  昨日のメニュー


  そして、本日のメニューに書き換え

  今日のメニュー

う〜ん、何枚か写真取り忘れたような気が…


  建前と板前 …のコージクン
  若女将募集しております

  建前と板前



さて、飲んで話しているうちに
席が埋まってきた
屋台は基本的に長居する場所ではない
混んできたら席を譲るのがエチケット

大政を一旦失礼して
もう一軒、表敬訪問したい店「酒一番」へ
ここも中洲にあるおやぢの聖地

一階のカウンターも、二階の座敷も
不思議なくらい居心地がいい

今宵はカウンターのど真ん中
帰京後すぐ、たまたま再放送があった酒場放浪記を見たら
類さんと同じ席に座っていた


  酒一番メニュー1

  酒一番メニュー2

  酒一番メニュー3


席は常に埋まっているが
客層は随分変わったような気もする
きちんとしたサラリーマンが増えた?
そして、以前は見られなかった女性だけのグループも

注文したいものはいっぱいあるのだが…


  ホルモン炒め

  ホルモン炒め


  湯豆腐 ¥340なのでさほど期待していなかったが
      こんなに豪華でびっくり

  湯豆腐


  めざし これも¥230とハイコスパ 3尾なのに割り切れないのがよい

  めざし


楽しいが、もう食べられない 残念

表敬訪問を終え、またホームポジションへ戻る
いつしか、客は二人きりに

隣席の弁護士せんせ
東京での学生時代の住まいが
当時の紫陽花亭のご近所だったということで
ローカル話で盛り上がる

初めて会ったお客さんと、こうして盛り上がることができるのも
屋台のカウンターならではだ

「また、近いうちに来るからね」
と、根拠のない約束をしてホテルに戻る

今日も長い一日だった


テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/22(土) 02:22:22|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

週刊現代の記事は犯罪的に非論理的な暴論

シニアiwamiさまから、週刊現代の記事についてコメントをいただいた
どうもありがとうございます


相変わらずのトンデモ清野が既得権益保護のために
荒唐無稽な理論(らしきもの)を捏造していた
既に江部医師や宗田医師が建設的反論を展開されているので
マスコミがどう取り上げようと無視を決めていたが
そんなまとめも含め、少し述べてみる

「専門家が警告 大ブームの「食事は炭水化物抜き」が一番危ない 糖質制限ダイエットで「寝たきり」が続出中!」

というのが、問題の記事


紫陽花亭は、基本スーパー糖質制限を始めてまもなく5年になるが
言うまでもなく寝たきりでもないし
糖質制限という極めてバランスの狂った
蛋白質と脂質に偏った食事を続けているせいで
コレステロールや中性脂肪の数値は
ここ20年で、最高に健康な水準をキープしている
(ちなみに、糖質制限を始める前はどちらもレッドゾーンだった)

それどころか、網膜症を発症し失明の危機も間近に迫っていたのに
ここ5年間は現状を維持している
網膜症は完治することはないので
時計の針の動きを止めることが、最高の成果である


長くなるが、江部・宗田両医師の記事を引用させていただく
同じ業界におられるので、紫陽花亭には真似のできない
紳士的で抑制の効いた文章であるが
週刊現代の記事が、いかに荒唐無稽で理論的信用性もなく
読者をミスリードしかねない、犯罪的は虚言であるかは
よく伝わると思う


☆ 江部康医師のblogより
週刊現代(2月15日)の記事は、根拠なしの暴論。糖質制限食は安全。
2014年02月20日 (木)
こんにちは。

週刊現代(2月15日)の記事は、根拠なしの暴論です。
webサイトにまた載ったようですね。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38359
糖質制限でたんぱく質が消費されすぎて筋力の低下や骨粗しょう症の危険があるなどの記事です。
私はすでに、2002年以来、12年間スーパー糖質制限食ですが、元気です。
糖質制限食で、筋力低下や骨粗鬆症を生じるというエビデンスは存在しません。
一医師が、持論を展開するのは勝手ですが、根拠となる論文も何も存在しないのですから週刊現代の記事は単なる憶測に過ぎないということです。
根拠のない憶測・暴論を検証もせず取り上げる週刊現代の姿勢には、憤りを覚えます。

<糖質制限食と世界の動向>
米国糖尿病学会は、2008年からは、部分的に糖質制限食を認め、2013年10月の栄養療法に関するコメントで、正式に「糖質制限食」を受容しています。
スウェーデン社会保険庁も、2008年から「糖質制限食」を公的に認めています。
英国糖尿病学会も2011年から「糖質制限食」を選択肢の一つとして認めています。
糖質制限食に関して、世界の趨勢に出遅れて、ガラパゴス状態なのが、日本糖尿病学会です。
Ketogenic Diet(ケトン食)は、スーパー糖質制限食より更に厳しい糖質制限を実践しますが、
2010年版COCHRANE LIBRARLY(コクラン ライブラリー)
2011年版NICE(英国政府ガイドライン)
という国際的に有名な公的治療ガイドラインに、難治性小児てんかんの治療食として採用されました。
このように、世界各国で「糖質制限食」は公的に認められています。
糖質制限食の安全性に関しても、少なくとも、米国糖尿病学会、スウェーデン社会保険庁、英国糖尿病学会、コクラン、英国政府において、容認されていることとなりますね。

<カロリー制限食の危険性と糖質制限食の安全性>
A)平均血糖変動幅増大
B)食後高血糖
現在、世界の医学界において、A)B)が糖尿病における最大の酸化ストレスリスクということが明白となっています。
勿論エビデンスとなる論文があります。
酸化ストレスは、がん・老化・動脈硬化・アルツハイマー病などの元凶とされています。
そして、このA)B)を生じるのは、糖質・脂質・タンパク質のうち、糖質を摂取したときだけです。
すなわち、脂質・タンパク質を摂取しても、A)B)は生じません。
そうすると、従来の糖尿病食(高糖質食)を摂取すれば、必ずA)B)が生じて、酸化ストレスリスクが増大することとなります。
一方、糖質制限食なら、A)B)は生じず、酸化ストレスリスクも生じません。

<糖質制限食の長期的安全性は理論的に明らか>
長期的安全性を担保する論文は「糖質制限食」にも「カロリー制限食」にも存在しません。
しかし、毎日「平均血糖変動幅増大」「食後高血糖」を生じるカロリー制限食を長期に続ければ、長期的にも悪い結果しかありえません。
短期的に破綻している食事療法(高糖質食)を長期に続けていい結果がでるわけがありません。
一方、糖質制限食なら、毎日の食事において、「平均血糖変動幅増大」「食後高血糖」は生じませんので、良いことを毎日長期に続けていけば良い結果が待っていることは明らかです。

<合併症の悲劇、カロリー制限食で合併症は防げない>
糖尿病合併症を防ぐには、「食後高血糖」と「平均血糖変動幅増大」を生じないことが必要不可欠です。
しかしながら糖質を摂取すれば、必ず「食後高血糖」と「平均血糖変動幅増大」を生じます。
すなわち、従来の糖尿病食(高糖質食)では、糖尿病合併症を防ぐことは理論的に不可能なのです。
年間
16000人が糖尿病腎症から透析 → 医療費800億円、
3000人が糖尿病網膜症から失明
3000人が糖尿病足病変から足切断
というのが厳しい現実なのです。
これらの方々は、全て医師や栄養士の言うことを聞かずに、薬もまともに内服せずに暴飲・暴食をしたのでしょうか?
いえいえそんなことはありません。
ほとんどの方は、医師や栄養士の言うとおりに、つらくとも我慢してカロリー制限食を実践し、酒も飲まず、運動もし、
血糖コントロールが徐々に悪くなれば、経口糖尿病薬が増えていき、それでも効果が良くなければ、インスリン注射を導入して、清く正しく頑張ってきたにもかかわらず、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病壊疽・・・を合併してきてしまったのです。
即ち、糖尿病患者さんに罪はないのです。
罪は一重に高糖質食にあるのです。
カロリー制限食(高糖質・低脂質食)を実践する限りは、かなり運が良くない限り糖尿病合併症から免れることは至難の技です。
「食後高血糖」と「平均血糖変動幅増大」を生じない、唯一の食事療法が糖質制限食であり、唯一の合併症予防食なのです。

<終わりに>
週刊現代の無根拠な暴論に対して、きっちりと根拠を示して糖質制限食の有効性と安全性を説明しました。
そして、きっちり根拠を示して、従来の糖尿病食(カロリー制限高糖質食)の危険性を説明しました。


☆ 宗田哲夫医師のご意見
週刊現代から
糖尿病の世界的権威で関西電力病院院長の清野裕医師が解説する
「糖質を制限してしまうと、代わりにたんぱく質を構成しているアミノ酸を肝臓が糖に作り変えるというシステムが働き始めます。たんぱく質を糖に変えられるなら肉を食べれば問題ないと思う方もいるでしょう。しかし人体の維持に必要なエネルギーをたんぱく質や脂肪でまかなおうと思ったら、毎日大量の肉を食べなければなりません。数kgもの肉を毎日たべ続けることは現実的に不可能です。糖エネルギーが不足すると、それを補うために、体は、自分の筋肉を分解してアミノ酸に変えていきます。結局筋肉量がどんどん減っていってしまうのです。」
この方が世界的権威なんです。必須アミノ酸や必須脂肪酸はあっても必須糖はないことや小児の重症てんかんにケトン食(糖質なしで脂肪がほとんど)がつかわれることなどまったく知らないのでしょうか。
 肉食では筋肉が落ちるということでは虎やライオンは筋肉はなくなるでしょうし、パンダやコアラは筋肉モリモリになるのでしょうね。
 私も糖質制限6年目に入りますが、筋肉がなくなりました(笑)
基本的な生理学の法則を無視して、相変わらず、飢餓と肉食を混同して脅かすところが、知っていてなら犯罪的、知らなければ、権威が泣きますね。
 いつもカロリー制限を推奨している学会が、エネルギーをたんぱく質や脂肪でまかなうには、数キログラムの肉が必要とはどういう計算なんでしょう。60キロの成人の血液中の総糖質量は4グラム、角砂糖1個分です。1グラムのグルコースを得るためには2gのたんぱく質が必要といわれます。はたして何Kgもの肉は必要でしょうか?

糖質制限で寝たきりが続出だって!
今の寝たきりの方は何でそうなっているのでしょうか?
何万人もの寝たきりは糖質制限のせいでしょうか?
年間
 16000人が糖尿病腎症から透析 → 医療費800億円、
 3000人が糖尿病網膜症から失明
 3000人が糖尿病足病変から足切断
これはどんな治療法でなっているのでしょうか?
みんな医者の言うことを聞かないで失明や透析になっているのですか?
薬も飲み、カロリー制限をして、運動しても増え続けているのが今の糖尿病の合併症です。
こういうのを続出というのではないでしょうか!
糖質制限では失明寸前から治った方も出ています。
こんな仮名ではなく実名でテレビにも出ていますよ。
残念ながら糖質制限をやっている方はこんなにはいません。
だから寝たきりの方も続出できません!
そうそう、沖縄の渡辺先生は生卵で、胃瘻の方が元気になるといっておられます。
糖質制限に反対する医者の方たちは、まったく自身の日本のデーターを示せません。
科学者とは言えません
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38359

いやはや、快哉である

紫陽花亭は医学的にはド素人なので
学術的な意見は控えるが、というよりそんな資格はないが
あえてこの捏造記事に感想を述べるとすれば

これは、極めて低レベルの政治的ネガティブキャンペーンだ

今や、国民の1/6が糖尿病、及びその予備軍だという
なので、糖尿病治療薬は製薬業界にとってドル箱だし
糖尿病患者は、一度烙印を押したら
一生通い続け、経営を支えて下さる、医者にとっての特上顧客だ
もの凄いパラドックスだが
医者は、その患者をインシュリン投与に導けば
安定的固定収入が得られるし
透析にまで追い込めば、さらに高収入が約束される
でも、患者を病から解放しても
彼らにとっては、収入が減るだけで一銭の儲けにもならないのだ

すなわち糖質制限は、投薬せずに血糖値を管理することが可能になる食事療法なので
薬屋や、その薬屋とべったり癒着している糖尿病専門医にとっては
糖質制限は既得権益を妨害するもの以外の何者でもない
だから彼らは、なりふり構わぬネガティブキャンペーンを張り
みっともないほど、露骨に感情的に反応する

これって、どこかで普段みかける光景…
そう、原子力ムラとまったく同じ構図だ

血糖値を上昇させる物質は、唯一糖質だけだ
だから糖質の摂取を控えることが血糖値管理に
唯一最大有効な問題解決になるのは
なんだかんだ、言うまでもなく自明なこと
なので、ダイエットには全く関心はないのだが
それでも、副作用として15kg体重は落ちた

糖質の摂取を控えれば、血糖値も平常域に管理維持できる
我々患者にとって、これ以上の福音はない
翻って、糖尿病の世界的権威と言われる医師の提唱する治療は
毒を盛って、毒消しを処方するが如くの
製薬会社にのみ寄り添って
患者を不幸に陥れるまやかしだ

それが証拠に
彼ら専門家の推奨するカロリー制限療法で
糖尿病の合併症患者は、減るどころか上昇の一途なんである
これって、犯罪でしょ?

シニアiwamiさま、以上が紫陽花亭の見解です
ご理解いただけたら幸いです


テーマ:糖尿病 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2014/02/21(金) 22:26:14|
  2. 糖質制限
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡えにっき vol.9 美美の誤算

まずは地下鉄空港線で、博多から天神まで移動
ん? 空港線?
前回は、まだ1号線と言っていたはずだ
そして天神で乗換え、七隈線に初乗車
この線も、以前は3号線とか言っていたはずだ

  天神南

  七隈線


鉄ちゃん、もとい
正確には、ほとんど元鉄ちゃんとしてはワクワクする瞬間だ

桜坂駅で下車、目指す店まで約10分
その店も、移転してから訪れるのは初めてだ

元々は警固にあるひっそりと小さな店で
朝の散歩のあとに立ち寄るのが
博多生活の楽しみの一つだった
店主の淹れる珈琲は、まるでお点前を見ているようで
珈琲道と言っていいくらいの、それは見事な画になっていた

珈琲「美美」(びみ)

ここで珈琲を飲み、豆を買って帰ることも
今回の大きな目的の一つだった
紫陽花亭の好みはマンデリン
ここのマンデリンは日本で一番といっても
あながち大袈裟ではないと思っている

「この辺りのはずなんだが…」とキョロキョロ

  美美


「おお、ここだここだ」
しかし、なんだか雰囲気が

  美美2

  美美3


が〜〜ん

ここまで順調にスケジュールを消化してきたので
かなりのショック

中途半端に時間も空いてしまったので
足取りも重く(?) 天神まで今度は歩いて戻る

やはりよく歩いた散歩道を歩いているうちに
少しずつ気分も上向きになり
天神にあるという八女のアンテナショップ
「八女本舗」へ向かうことにした

  八女本舗


余談だが、八女はホリエモンの生誕の地であるという
だからなんだ、なんだけど
昨日買えなかった、農家のおばちゃん手作りの柚子胡椒が何種類もあったり
レアな食材を買うことができて、すっかり満足

やはり目的だった「かじ」の辛子高菜も手に入れた
ここは、本来はふぐ料理の店で
紫陽花亭が人生初のふぐを食べた店でもあるのだが
実は隠れた逸品が辛子高菜
お土産屋やラーメン屋によくあるような
ただひたすら辛く、繊維が口に残るものとは一線を画す
さすがに料亭がこしらえたもの、というクオリティだ


さぁ、日も暮れてきた
今宵は口開けで、屋台へ!


テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/21(金) 18:18:18|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

福岡えにっき vol.8 南博多線

かつてのマーキングを訪ねる旅シリーズ
お次は博多南線

ご存知の方はほとんどいないと思うが

博多南線とは(Wikipediaより)
「山陽新幹線の博多駅から南に9.2kmの所にある車両基地(博多総合車両所)までの回送線を旅客線化した路線である。
新幹線用の設備を使用し、新幹線車両を使用するが、「全国新幹線鉄道整備法」の定義から外れるためJR西日本では「新幹線鉄道」ではなく「普通鉄道」として当時の運輸省(現在の国土交通省)に認可を申請した経緯から「在来線」としている。一方、施設そのものは新幹線の構造物であるため新幹線特例法の対象となっているほか、当路線の列車を運転するのに必要な動力車操縦者運転免許の種類は「新幹線電気車」であり、在来線電車の「甲種電気車」免許では運転できない。」


前回は、まだ九州新幹線は開業していない頃だった
それが開業後どうなっていたか気になっていたが
健在で安心

  切符


しかも、前回は0系だったのが
今回は700系レールスターに進化していた

  レイルスター1


レールスターはJR西日本の車両なので、東京には乗り入れていない

それに乗れるのはうれしいが
なんだか、かつての女形のスターがドサ回り営業をしているようで
ちょっと哀しいような、寂しいような…

  レイルスター2


博多南駅は、一面一線のホームなので何番線表記もない
秘境のローカル線や北海道の停留所(時刻表に乗らない停車場)を除けば
こんなホームは、記憶では根室駅とここだけだ

  博多南駅

  駅名標

  時刻表


片道5分の小旅行を堪能

さて、次は


  1. 2014/02/21(金) 14:21:14|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡えにっき vol.7 看板のないラーメン屋

福岡滞在初日は、さほどの「おいた」はせずに終わった
5年ぶりの博多だ
ラーメンは食わない訳にいかない
そう思い、せっかくリミッターを東京に置いてきたので
博多に詳しい仕事仲間から情報収集

その中から選んだのは 呉服町「元気一杯」

どうやらかなり偏屈、もとい
かなり個性的な店らしい

何しろ、看板がない、暖簾もない

  元気一杯


この室外機の上にあるバケツが目印だという

ネット情報からは、強気というか不穏な文字列が並ぶ
「撮影禁止」「携帯も禁止」
「一見お断り」「スープから飲むべし」
「店主が気難しい」
「ルールを守らないと強制退去」
「福山雅治がお忍びでよく訪れる」


 こんなサイトまである

   → 拉麺本位 

   → 元気一杯に行く前の予習

書いてあることが真実なら、ただごとではない
但し、情報が古すぎる
仕事仲間からも、ネガティブな話は聞いていない

恐る恐る? ドアを開ける

若い女将?の明るい「いらっしゃいませ〜」の声に迎えられる
ん? まともじゃない

そして店内に満ちる獣系の匂い
これは弥が上にも期待感が膨らむ

しかし正面には
「当店はラーメンはスープが命とこだわっている
 スープから味わう食べ方がお好みでない方は
 当店の御利用を御遠慮ください」
という趣旨の大書きの貼り紙が

カウンターの隅に席を取り
チャーシュー麺バリカタ ¥980 を注文

店内の混雑具合のワリには、出てくるまでの時間が長い
何故時間がかかるのか不明だが
「お待たせしてすみませ〜ん」
と、恐縮されながら丼が運ばれてきた

「まずスープからお召し上がり下さい」
とも告げられる
どうやら、これが最も守るべきルールらしい

テーブルの上には、胡椒もない、紅ショウガもない
辛子高菜があるだけだ

まず一口
かなりとろみのある濃厚なスープは
その濃さのワリには、まったく臭みはない
そして、麺
少し待ち時間は長かったが、完璧なバリカタだ
そして、トロトロの厚切りチャーシューもかなりのインパクト

紫陽花亭としては、ぴったしはまった
5年のブランクが評価を甘くしているかもしれないが
満足できたのだから、それで構わない

年月を経て、店の立ち位置も変わっているのだろうが
ネット情報は杞憂に過ぎなかった
店主も笑顔で挨拶するじゃないか

昨夜の今日の第一食としてはかなりヘビーではあったが
満足して店を出た

明日は別の店か
薬院のマニアックな蕎麦屋に行こうかと思っていたが
裏を返すことになるかもしれない

 ※ちなみに、ネットから拝借した店内とラーメン画像

  元気一杯 店内

  元気一杯 ラーメン



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/21(金) 14:02:21|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡えにっき vol.6 博多せんしょう

今回のホテルの選定基準
もちろん安いこと
呉服町・中洲・天神エリアに近いこと
そして何より、屋台から這ってでも帰れる場所にあること

めでたく一泊¥3400のホテルを見つけた

まずは荷物だけ預けたが
フロントの対応も親切で
宅急便用の段ボールもタダで分けてくれるという
ほとんど泊まるだけだから、設備にあれこれ言うつもりもないが
サービスもきちんとしている

身軽になって、まず目指したのは
千代にある市場、博多せんしょう

5年ぶりの表敬訪問とともに
牛ホルモンや農家のおばちゃん手作りの柚子胡椒など
レアなお土産を手に入れるのが目的だ

前回の一ヶ月滞在時
自宅で鍋パーティーを開くことになり
その前夜、屋台で「やっぱり(食材調達は)柳橋(連合市場)かなぁ」
と尋ねたところ
お客さんも含め、その場にいた全員から
「ダメダメ、あそこは高い!
 せんしょうに行きなさい」と教育的指導を受けた

翌日でかけてみると
さすが地元の生情報
魚も肉も野菜も、新鮮な食材を安く手に入れることができた
お店のおばちゃん・おじちゃんとも顔見知りになり
滞在中はなるべく顔を出し
いろいろよくしていただいた

  せんしょう


それ以来の訪問だ
うきうきして建物に入ると

  せんしょう廃虚


え゛???

信じられない光景が目に飛びこんできた
幸いまだ、市場の半分は営業をしていたが
目を覆いたくなるような寂しい厳しい現実を見せつけられた

  せんしょう廃虚2

  せんしょう廃虚3


あの精肉店、鮮魚店、青果店、総菜屋、弁当屋が
みな姿を消して、リサイクルショップと
そのバックヤードにと変わり果てていた

気を取り直して、場内を徘徊
それでも獲物は定めた

  せんしょう魚屋

  刺身コーナー

  韓国食材店


市場巡りは、やっぱり楽しい
また、明日


テーマ:お店紹介 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/21(金) 12:02:14|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡えにっき vol.5 宿替え

博多二日目

まずは宿替え、キャナルシティから呉服町まで移動する

  キャナル


穏やかな朝、空気はまだ冷たいが
陽射しが春を告げている

春吉橋から中洲を通り抜ける

  春吉橋昼


春吉橋からキャナルに向かう道は
昼と夜とで、まったく違う顔を見せる

  春吉橋夜


博多の屋台が紹介される時は
必ずといっていいほど、この界隈が画像として映る
ただ、この辺りは観光客からぼったくる屋台も多いと聞く
遠い昔に、そんなことをされたこともあったっけ
屋台に不慣れな向きは
地元の人間と一緒に行くか
きちんと情報を集めてから屋台を楽しまないとね
ホテルのフロントに紹介してもらったり
タクシーの乗務員に聞いて
○○から聞いたら、ここを勧められた
そう屋台に告げるのも、一つの手だ

  酒一番


中洲のこの酒場も、幾度となく通ったお馴染みの店
今夜、表敬訪問するのが楽しみだ

眠りについたばかりの中洲を通り抜け

  博多座


かつての労働現場の前を通り

  ウィークリー


楽屋口から徒歩30秒だった
その時に住んでいたマンションの前も経由して

  やす


やっぱりよく通った酒場の前も通ってみる

  やすメニュー


ん? 何故か「うどん」と「うろん」が混在している

ここの大将は、一年を山笠中心に過ごす「山のぼせ」
店内にはそんな写真が所狭しと飾られている

毎日のように歩き回った懐かしいエリアを抜けて
今夜のホテルへ

とりあえず荷物を預けて、いざ出発


  1. 2014/02/21(金) 10:21:00|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡えにっき vol.4 中洲の夜

長い一日の〆は、やはり中洲の屋台「大政」
ここは紫陽花亭にとって、博多のホームポジション

もう何年前になるだろうか…
仕事仲間から教えてもらったのをきっかけにすっかりはまり
以来、博多を訪れて素通りすることはない
博多座から徒歩数分というロケーションなので
1ヶ月公演で滞在中には、ほぼ毎日顔を出した

地元の人はもとより
出張族、観光客など多様な客が夜毎集い
地元の人に囲まれて飲む晩もあれば
東京の人間だけですべての席が埋まる、そんな晩もあった

紫陽花亭は、ここ「大政」で博多のあれこれを教わり
かつては臭くて飲めなかった芋焼酎も
ここで夜毎飲むうちに
ある日突然臭いが香りに変わった

屋台ではまず、付き出し代わりにおでんを注文し
それからメインをやっつけていく

  おでん

  ネタケース


もう深夜になってしまったので、ネタケースは寂しくなっているが
「大政」は博多の屋台では珍しく海鮮が中心で
しかもラーメンはなく、〆はうどんである

もう、あまり食べられないので「軽くお任せで」
と言いつつ

  鰤刺

  ぶり刺


  鮑ステーキ

  鮑ステーキ


  平貝焼

  平貝焼


  焼ガキ

  牡蛎焼


「また明日ね」と言ってホテルに戻ったのが26時半
今朝は4時起きだったから
本当に長い一日だった

明日も忙しい、とっとと寝よう


テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/20(木) 02:20:14|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡えにっき vol.3 西中洲の夜

無事にナイトゲームも終え、一路博多へ

チェックインもそこそこに、目指すは西中洲
正確には中央区春吉
春吉橋を渡り路地を左に折れると、そこは別世界
以前はホテル街だったという界隈だ
というか、今もある

その奥に、目指す店がある

照(TERRA) 春吉店

  照


博多に詳しい仕事仲間が推薦する店だ
ひっそりとした隠れ家的な店なのだが
東京から来ているとく若者のみなさまが賑やかで
その喧噪が鬱陶しい

旬の鮮魚と魂の煮込みがウリだという

画像とメニューから記憶をだどれば…

  メニュー1

  照メニュー2


付き出しは2種類

  付き出し


刺身はもう少ししか残っていない、と言うので
一人一切れずつでもいいから、と盛合わせにしてもらった

  刺し盛


ぶりゴマカルパッチョもどき

  ぶり


生ハムと半熟玉子のシーザーサラダ

  シーザーサラダ


つぼ鯛西京味噌漬け焼

  つぼ鯛


和牛テールの煮込み焼き

  テール


豚足のピリ辛トロトロ煮込み

  豚足


牛すじ大根煮込み

  牛すじ


あれこれ堪能していたら、もう24時
おっと、屋台に急がねば



テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/19(水) 23:59:59|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡えにっき vol.2 羽犬塚を徘徊する

無事にデーゲームを終え
おさんぽ兼食事外出

会場近くのディスカウント系ドラッグストアを視察

さすがに紙パックの焼酎が充実、そして安い

  焼酎

  醤油


醤油売り場の、この品揃えには圧倒される
キッコーマンを除けば
ほとんど未知のメーカーの色とりどりのボトルが並んでいる

このうち半分が、地元産のいわゆる甘いたまり醤油

醤油にもさまざまな種類があって
キッコーマンのサイトにその説明が載っていた

 → しょうゆの種類と特徴 

また、醤油の知識・蘊蓄についてはこのサイトが抜群に詳しい

 → 香川・ヤマロク醤油のWebページ 

このサイトから全国の個性的な醤油が買える、というのも凄い
これはいつか、試してみたい


  その昔、はじめて鹿児島の居酒屋に入った時のこと
  テーブルの上には2種類の醤油瓶が並んでいた
  女将の説明によると、一本は「さしみ醤油」
  そしてもう一本が「キッコーマン」とのこと
  さしみ醤油というのが、甘い醤油で
  濃い口は、中味がどのメーカーであろうと
  キッコーマンと呼ぶらしい、ということがわかった


「郷に入っては」主義の紫陽花亭ではあるが
この甘い醤油は、さすがに苦手
特に、白身の刺身をこれで食べるのは、ちょっと…
(但し、地元の方の前ではこの発言は控えます)
この醤油が基本の味付けになるので
煮物などの味も全般的に甘いし
最近は、醸造方の違い以前に砂糖を加えて甘くするメーカーも多いようだ

もっとも、九州人にとっては
関東の醤油や味付けは辛い、と感じる人も少なくないとか
紫陽花亭が初めて福岡を訪れた頃は
福岡のラーメンはすべて白濁のとんこつスープで
いわゆる醤油ラーメンは食べることなどできなかったし
東京のラーメンはスープが濁ってなくて驚いた
なんて話も聞いたっけ

それは、善し悪しではなく
そういう違いがいつまでも守られることが大切だと紫陽花亭は考える


現場の最寄り駅はJR鹿児島本線・羽犬塚駅
今回、糖質リミッターを置いてきているので
ラーメンだってどんと来い!
だったのだが、何故か周辺にも駅前にも
ラーメン屋が、ないっ!

駅前にあったのは、改札脇のうどん屋と
昼の弁当を作った割烹と、角打ちだけ

  角打ち


ごぼ天うどんにちょっと心は動いたが、パス
立ち飲みの酒場は営業していたが
さすがに、まだ飲めないでしょ!


結局、帰り道のセブンでおでんを購入
一応、九州入りを祝して、丸天はおやくそく
特に九州限定でもないんだろうが
チーズ入りハンバーグも加えてみた

  おでん


コンビニといえども
惣菜コーナーやカップラーメンの棚からは
わずかだが、九州の香りが伝わってくる
それは、うれしいね

さてと、ナイター


テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/19(水) 17:19:14|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡えにっき vol.1 きょうのおべんと 筑後編

羽田の離陸渋滞と偏西風で30分遅れで福岡に到着
これからさらに、筑後市までバス移動

今日のスポンサー様は「JAふくおか八女」様なのだが
仕事場は筑後市のホールだった

  弁当@筑後


う〜ん、可も不可もなくってところか
とりわけ郷土色もないが
そこそこマジメには作られている

それでも、お茶は八女茶だよね
と、思っていたのだが
ふつーのペットボトルだったのは、ご愛敬?

メンバーの目が輝いたのは、この差し入れ

  差し入れ


あまおうって、東京では高い買い物だもの
ストックもたっぷりあって、ほぼ食べ邦題状態

  あまおう


後日、福岡市内のスーパー視察での光景

  Sunnyあまおう


さすが地元のスーパー
棚に並んでいるのはあまおうだけだ
1パック5個〜11個で¥473
ふだん買うこともないので、相場はわからないが
周囲に聞くと、かなり安いという

イチゴの糖質量は6~7/100g
ふーん、案外低いのね

ありがたい差し入れなので、ありがたくいただく

さてと、労働


テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/19(水) 12:19:59|
  2. 外食ー弁当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡えにっき vol.0

5年ぶりに中洲へ
もとい、福岡へ

九州も久しぶりなら、長距離の遠征も久しぶり
羽田7:20発のフライトで福岡へ

  羽田2

  羽田


最盛期だったら、そんな生活を月のうち半分前後していたのに
それから歳は喰うわ、慣れない早起きになるわ
そもそも旅の仕事は激減するわ(号泣)で
早起きはちょっとしたプレッシャーだった

たまたま数日前に
諸般の事情で4時に目が覚めたのをいいことに
不規則正しくそのリズムを維持

5時過ぎの地下鉄に乗れさえすれば
今日の仕事の大半は終えたも同じ
無事に九州上陸を果たした

ってことで、これからしばらく
福岡えにっきが続きます


  1. 2014/02/19(水) 07:20:59|
  2. 福岡を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勃牙利酪

明治ブルガリアヨーグルトが
砂糖添付をやめるというニュースが

 → 明治ヨーグルトの砂糖添付廃止に様々な声 「邪魔だった」「ショック」「コスト削減では」…


朝食などにヨーグルトを食べる人は少なくない。ただ、その食べ方は人それぞれ。いまインターネットに、トップブランドの「明治ブルガリアヨーグルト」に付いている「砂糖」がなくなることで、さまざまな声が寄せられている。
明治は独自の「まろやか丹念発酵」製法によって、よりまろやかなおいしさにリニューアルした「ブルガリアヨーグルト LB81プレーン(450グラム)」を2014年2月24日に発売するのにあわせて、砂糖の添付を終了する。

食べ方の多様化で、重要性「非常に低い」

「明治ブルガリアヨーグルト」に付いていた砂糖がなくなる!
明治は砂糖の添付をやめる理由について、「近年、プレーンヨーグルトの食べ方は多様化しており、お客様はさまざまな食べ方で楽しまれています。当社で調査したところ、多くのお客様にとって、おいしさや価格、健康効果などと比較し、添付の砂糖の重要性は非常に低いことがわかりました」と説明している。

そこで同社では、「よりまろやかさや、なめらかさを追求した」商品にリニューアル。甘さがほしい場合には、「ふだん家庭で使っているお砂糖や、フルーツやジャム、蜂蜜を加えたりして味わっていただきたい」と話している。

そもそも、添付されている砂糖は「フロストシュガー」といって、グラニュー糖を粉砕したものに水を加えて裏ごしし、その後顆粒状にしてから乾燥させてつくるというから、ひと手間かかっている。ヨーグルトや冷たい飲み物に混ぜても溶けやすく、コーヒーや紅茶、料理などにも使える。

明治のQ&Aサイトでは、「ヨーグルトを食べる量だけ器に移し、その都度砂糖を入れ混ぜてお召し上がりください」と、おいしい食べ方をアドバイスしているが、半面、使い切れなくて結果的に捨ててしまうこともあるとみられる。

現在、明治にはさまざまな問い合わせが相次いでいるが、「件数や内容については控えさせてほしい」としている。砂糖の添付や販売を求める声があるのでは、と聞いたが、「砂糖だけ別売りにすることはありません」という。

「ヨーグルトのシリーズには飲むヨーグルトやフルーツヨーグルトもあるので、そちらもあわせて楽しんでほしい」と話している。

「納豆のからしより使い道あるのに…」

とはいえ、インターネットには砂糖がなくなることについて、

「ショックだ」
「プレーンヨーグルトには砂糖しか入れないので。フロストシュガー大好きなのに」
との嘆きの声や、逆に

「蜂蜜入れて食べるから砂糖は使ってないなあ」
「邪魔だったし、いらないんじゃない」
といった声もあり、反応はさまざま。

なかには、

「付いている砂糖はヨーグルトには入れず貯めておいて、生クリームをホィップするときに使います。すぐ溶けるので便利です。ヨーグルトはグラノラとバナナで食べています。納豆のからしより使い道があるので付けてほしい」
といったコメントもある。

一方、2014年4月の消費増税を前にしたコスト削減ではないのか、との声も。たとえば、プライベートブランドの納豆は価格を抑えるため、一部で醤油(タレ)やからしを付けないで販売するケースがある。それと同じではないのか、というのだ。

これに対して、明治は「(砂糖を付けないことは)以前から検討してきたことでもあり、消費増税とは関係ありません」と、否定している。



紫陽花亭にとっては、もともとヨーグルトに砂糖は入れないし
もう長い間カスピ海ヨーグルトを飼育しているので
ブルガリアヨーグルトは買うこともないのだが
でも、必要ではない砂糖を見て見ぬ振りをする・捨てるという
手間が省けることは福音だろう

ただし、その分値下げするのではない
ってことは、記事にもある通り
これも値上げ理由の偽装なんだろうね
当然企業は否定してますけど

それでも、だ
これは製糖会社にとっては由々しき一大事
売上げに響く影響は少なくないと想像される
(たぶんグループ企業の明治製糖?)
売る方も買う方も、担当者はよく英断し交渉したと思う
それには拍手を贈ろう!


  1. 2014/02/18(火) 19:20:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

サザエさんの思ひ出

副都心線に乗ると、河津桜が満開!

  河津桜1

  河津桜2


某旅行会社のキャンペーン

この会社が何か不始末をしでかしたら
買わず運動でも起こるんだろうか(^_^;)アホ


出かけた先は、サザエさんを収録しているスタジオ

  Glovision


ふだんは隣のスタジオを使うことが多いのだが
今回はサザエさんスタジオで鼠の国絡みの労働
「バカもん!」と言われないよう、きちんと働いた

ロビーで何度か大御所の皆様の姿も見かけたこともある
サザエさんやカツオくんやワカメちゃんの声で
薬の話や病気の話をされてましたっけ(笑)
皆様、超ベテランですからね
実像と画面から流れる声のギャップは
さすが、プロフェッショナルのお仕事

波平さんとも、何度かご一緒させていただいたことがあったっけ


かくいう紫陽花亭も、たまにジャリ… 
ではなくジャニ系の声色を駆使することがある

かつては守備範囲の広さを誇っていた
オペラから演歌まで
お笑いからウィーン・フィルまで
アイドルからローマ法王まで

あれから40年… は、まだ経ってないが
今では守備機会の減少と戦う日々

いいんだろうか、と思いつつも
ゲージュー過ぎてそんな仕事ができる歓び

東京は、ありえない大雪に連続して見舞われたが
陽射しは春めいてきたな



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2014/02/17(月) 17:02:14|
  2. 紫陽花亭の生き様 仕事編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

一休み

以前、まだ豆腐干絲を外で食べたことのなかった頃
ひょんなきっかけで入った中国料理店で豆腐干絲の料理を見つけ
その店を再訪し「さて、二軒目」と探していると
こぢんまりとした店構えと、ふと目が合い
吸い寄せられるように扉を開けた

中央線沿線の飲み屋街
激戦区の高架脇でひっそりと
そんな表現がぴったりの
妙齢のご婦人が一人切盛りするカウンター割烹

これが大正解で、いつか裏をかえそうかえそうと思いつつ
その後すっかりご無沙汰してしまっていた

機会を得て、ようやく再訪を果たした

付き出しは、なまこ

  なまこ


「造り盛合わせ」をお任せで
と頼んで供されたのが、中トロとカワハギ

  つくり


このクオリティの高さに信頼を寄せ
もう少し、なにかお勧めを
とお願いして出てきたのが
牡蛎のみぞれ揚げと、鰻肝焼

  牡蛎みぞれ揚げ

  肝焼


本当ならば日本酒だが
そこはまぁ、仕方ない
焼酎お湯割りで料理を愛でる

いや、満足

「たいして流行ってないのよ」
「そんなことないでしょ
 ここをお目当てにしてる客も多いでしょ?」
「ダメよ、ここは
 チェーン店に押されちゃって」

「3年前位に一度お邪魔しましてね
 また行こうと、ずっと気になってたんですよ」
「あら、嬉しいわ」

なんて会話をしつつ
女将の巧みな料理を楽しんだが
果たして?というか、1時間余りの滞在中
来客はゼロ

哀しいね

すごい真っ当で真面目な店なのに

しかし、その間
女将はその手を止めることなく
仕込に励んでいた

  一休み


いい店に巡り逢えたのもうれしいが
てめーの眼力が間違ってなかったことを
確認できたことも嬉しい夜だった


テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/16(日) 16:02:14|
  2. 酒場(旧)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉祥寺を徘徊してみた

久しぶりに吉祥寺へ出かけた

せっかくなので少し早めに出て
気になっていた場所の偵察へ
もちろん、言うまでもなく「いせや」公園店の今の様子が気になって

  いせや公園店

  公園店2


「いせや」じゃない!
総本店がかつての面影を残して復元されたのとは逆に
面影も残映も、まったくない
隣のスタバが焼き鳥も始めた
そう言っても、さほど大袈裟でもないくらいに
およそ「いせや」のイメージからかけ離れた外観だ
ま、あのバラックのような海の家のような過去は
残しても誰が喜ぶか、なんだが

懸案(?)だったけむけむも、全く匂わなくなった
寂しくもあり、でも近隣にはありがたいことだろう
これで、スタバのテラス席で炭火焼珈琲
(炭火焼き鳥+コーヒー)
を楽しむ機会も失われてしまった

バイトのおねーちゃんに「いつできたの?」
と聞くと「去年の10月にオープンしました」と答えが返ってきた
そっか、そいつは迂闊だった

今日は通りがかっただけだったので
近いうちにまた訪れなくては

ついでに、と井の頭公園へもちょいと足を延ばした
ニュースで見た通り
池の水がすべて抜かれて
井の頭公園が有明海になっていた

  井の頭公園


干潟におまるが並ぶ景色は、ちょっとシュールだ



テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/16(日) 02:16:07|
  2. 酒場(旧)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の日の半額シールまつり

さすがに雪の日
スーパーも早々と半額シールが張り出されていた

いそいそとマグロだのカスベだの
アサリだのタラだのを調達し、捏造開始

寒いので、海鮮スンドゥプで内から温まろうという魂胆

  海鮮スンドゥプ


カスベはいつも煮付けなので
初めてフライにチャレンジ

  カスベフライ


これは、旨い
大人のフィレオフィッシュだ


  かすべ断面


他にびんちょうマグロの和風カルパッチョ

  まぐろカルパッチョ


切干大根煮

  切干大根煮


これらを伊佐美のお湯割りで胃の腑へ搬送
伊佐美はお久しぶり
丸くバランスよく、するすると収まってゆく
甘露!


テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2014/02/15(土) 14:15:16|
  2. 或る日の捏造記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅包ラストラン

このところ、何故か三茶に出かける日になると大雪になる
たかが二度連続だが、こんな間隔で雪が降るのも珍しい

20代の頃に聴いた曲を歌って
時間帯のワリにはいつもより空いているかな?
という遅れ気味の地下鉄に乗って帰宅すると
新橋「梅包」の梅橋社長からメールが届いていた


新橋梅包の梅橋です。
お久しぶりです。今外は雪です。予約もキャンセル、早仕舞いしようかと考えています。
すでにご存じでしょうが、今回は重大なお知らせと感謝祭へのお誘いです。

日本初の糖質制限中国料理レストラン『梅包』を3月12日(水)で終了、後楽園駅ビルへ移転します。
梅花(メイフア)、梅包と新橋にて営業すること約三年。
出世魚の如く名を歓(fun)と改め、舞台を後楽園駅ビルに移し、梅包は新しいステージに入ります。

○○様には大変お世話になり、助けられました。
感謝を込めまして『感謝祭』を開催致しますので、梅包の最後の料理を味わって下さい。
ご参加お待ちいたしております。

   日時  3月10日(月)・3月11日(火)・3月12日(水)  3日間限定 一日30名様まで
       PM7時開宴
   会費  お料理 5,250円+飲み物代
         (メインディッシュはフカヒレのステーキ)


以前から、様々なご苦労や
新橋の更新時期が迫っていること
駅ビルに出店話があることなどは伺っていた

今年になってからは
後楽園進出を決断したこと
2月から内装工事に入り、3月オープンする
というお知らせや、それに伴う決断の話も

いよいよスケジュールが決まり
カウントダウンが始まったということか


諸事情は先日の「梅日記」に詳しい

  梅日記:新宿「歓」新橋「梅包」梅橋社長のBlog → URL


『goodbye 梅包 welcome 歓[fun]』

日本初の糖質制限中国料理レストラン『梅包』を3月12日で終了移転します。
移転先は後楽園です。
地下鉄丸ノ内線、南北線が交差する『後楽園』駅ビルの5Fです。
大江戸線三田線の『春日』駅も使えます。
新店舗は3月20日オープン予定です

梅包のスタッフが家内を含めて全員が移ります。
糖質制限は一部のメニューとして継続します。
梅包(ふすまパン)を使った新商品も、新店で発表するつもりです。

開店以来苦労の連続でしたが、荒波のなかをくぐり抜けてきた先に駅ビルテナントという島が見えてきました。
ここで体制を整え直して、力を蓄えます。
数年後は、駅ビルにテナントを入れているという信用力が大きくものを言うはずです。
店名は歓[fun]後楽園店とします。

梅花(メイフア)から梅包(メイパオ)、そして歓[fun]
出世魚の如く改名して、梅包は新しいステージに立ちます。
新橋在の折にはたいへんお世話になりました。
新店舗になりましても、引き続きご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

糖質制限はたんなる食事とは違い、人の未来を占う食事です。
健康があって初めて、人は夢に向かって走ることが出来ます。

病気は、運動する楽しさがなくなります。
病気は、食事の美味しさが分かりません。
病気は、仕事をする元気がなくなります。
病気は、愛する人に心配をかけます。

健康は、全力で走ることが出来ます。
健康は、お腹いっぱい食べることが出来ます。
健康は、仕事に責任を持てるようになります。
健康は、愛する人を気遣えます。

糖尿病は全身に血を送る血管を駄目にする病気です。
いずれ身体の隅々に栄養や酸素が行き渡らなくなる病気です。
心臓病、脳障害、壊死、失明など様々な病気を招き入れます。
糖質制限は薬に頼らない、病気を阻止する、最大最良の方法です。

糖質制限はやりがいのある仕事です。
人に夢を維持させる健康をもたらす仕事です。
こんな仕事に就けたことに感謝感謝感謝。
少しだけ形を変えますが、糖質制限は続けます。

私は料理に「健康」だの「制限」だのと余計なものを持ち込みます。
ですが、「美味しけりゃ、文句ないだろう!」
これが私のスタンスです。

応援してください。
食べに来てください。



「梅花」は開店前から、その歩みを見続けていたので
あれこれ感慨は深いものがある

やっぱり出かけるなら最終営業日かな?
ランチにも顔出さないとな



テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/15(土) 02:15:14|
  2. 外食ー糖質制限旧)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

練馬のランドマーク

今日の仕事場は、以前20年間住んでいた
懐かしい場所のごくごくご近所

労働の合間の休憩時間にあちこち徘徊し
18の頃から懇意にさせて頂いている酒屋さんを表敬訪問
第一次地酒ブームより以前から
コツコツと各地の銘酒を発掘していた熱心な酒屋さんで
紫陽花亭も、日本酒選びのイロハから教わり
アルコール漬細胞の基礎の基礎をここで育んだ

店での試飲会、蔵元見学ツアー
時にはシャッターを下ろした店での秘密の飲み会

などなど

それはそれは、大変お世話になった店だ

日本酒を一生分飲んでしまい、卒業した今も
焼酎やワインなどで、相変わらずお世話になっている
プレミアムと呼ばれる焼酎も
きちんと適正価格で売って下さるありがたい店でもある

労働終了後に、仲間を連れて再び訪れた

店頭には並ばないので大きな声では言えないが
某有名銘柄「N」も¥2980だ
今日は残念ながら品切れだったが
しっかりと取り置きをお願いした

その代わり、ではないが
やはりプレミアムな「I」を¥2480で入手
ありがたや


そのまま一升瓶を抱えて
練馬のランドマーク的名店「金ちゃん」へ

今年、齢76になるという名物親爺も
随分腰が曲がったが元気に焼き場に立ち
背中で客の気配を察知し、仕切っていた

  金ちゃん 大将


ラストに近い時間帯だったので
開店直後から常に満席な店内も客の姿もまばらになり
焼き場に近い席だったので
おやじさんと色々話すことができた

 「今年で50年だよ」

そうだよね
なんせ紫陽花亭、ランドセルを背負って
この店の前を毎朝通っていたのだから
煙は脳みその中心にまで染みついている

 「そうか、お前はT小か」
 「お前、うちは30年前から来てんのか?」

お前呼ばわりも、うれしゅうございます

あまりにディープな店構えだったため
ケツの青い頃にはちょっと尻込みする店だったが
初めて訪れたのは
この店をこよなく愛した先輩に連れられて
その人も6年前に胃がんで早世
彼の齢もとうとう越えてしまった
今宵は、故人の同級生と共に
先輩を偲びつつのクールダウン

焼酎をビールで割るのが故人の流儀だったが
ビールも自粛でホッピーで乾杯
うーん、赤星にはそそられるんだが
「中」はお代わりの2杯目から俄然濃くなるのもお約束

  金ちゃん もつ焼き

  金ちゃんもつ焼き2

  金ちゃん 煮込


もつ焼きも今どき驚きの一串¥80
¥300の煮込みもぷるんぷるんと絶品
タガログ語と日本語を操るおねいさん達の醸し出す空気も
なんだか奄美辺りで飲んでいるようで心地よい

隣のテーブルは
なんだかこの店には不釣り合いな上品なご婦人二人だった
「今日はね、文化センターの帰りなの」
「いや、実は我々はね…」
と、打ち解けてあれこれお話
1人は地元、もうお一方は谷中からのわざわざの来訪とのこと
なかなかな店の選択ですね

さんざん食べて・飲んで 紫式部様一枚とプラスちょいと


いや、名店である


テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/14(金) 16:18:20|
  2. 酒場(旧)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またまた捏造話

3ヶ月ぶりに会うメンバーとの楽屋話は
近況やら、都知事選やら、ギョーカイ話やら、あれやこれや

そのギョーカイネタとして目下最も盛り上がるのは
とーぜん、地下鉄の新駅名のような
あの障害者手帳詐称疑惑オトコのこと

ま、無責任なマスコミも
持ち上げるだけ持ち上げたと思ったら突き落としてみたり
それも持ち上げる高さの数倍の奈落を用意したり
今頃になって叩けば出てくる埃を叩きまくったり
野次馬根性丸出しの容赦ない報道が続いているが
概ね不勉強というか、核心には触れないというか
なんだか音楽的には的外れな批判
というよりヒステリックな非難に近いね

多かれ少なかれ、あーいうことはよくあること
但し、あのオトコに関しては 度が過ぎた
でも、悪者にするのは本人だけでいーの?

まー、何故だか知らないが
売れちゃったのが彼にとって最大の不幸だったんだろうね
彼をネタにしてメシを喰う人間が集まっちゃって
どーにもこーにも
本人にも制御できないレベルの美談が捏造され…

美談というか
あーいうストーリー仕立てはいかんよな
しかも、ハンディキャップや原爆ネタはルール違反だ
作品に罪はないが
尾ひれ羽ひれの捏造は、やってはならないんじゃないの?


闇の中で苦悩をしていたのか
それともほくそ笑んでいたのか
耳が聞こえないのか、聞く耳がなかったのか
ま、そんなことはどーでもいーんだが
でも18年間に渡る演技はしんどかったろう


ギョーカイの内部にいる人間として
そりゃ、いろんな情報は持っている
でも、知り得た内部の事情にはあえて触れない
はい、抹殺はされたかないし…


なのでせめて、或るエピソードを一つ


  日本人なら知らぬ者がいない、或る大御所作曲家が
  高校生のオーケストラで自作を振った時のこと

  リハーサルで生徒が質問をした
  「先生、○○の××は△△でいいのでしょうか?」

  せんせ、指揮台から客席を振り返って大声で一言
  「おーい! これ書いたの、誰だ!」

  せんせ、こどもの前ですよ


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2014/02/14(金) 15:16:17|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きょうのおべんと 練馬編

今年で22年目になる仕事場が今年も始動
開幕戦は地元開催になった
今日は徒歩通勤

弁当支給の現場も今年初
箸おろしはとんかつ弁当

  練馬 弁当


う〜ん…

どうにもイマイチ食欲が湧かないビジュアルだ
なんというか、工業製品

この手のとんかつの常として
オーバーを着たお姿はご立派な厚みを誇るのに
おべべを剥がすと、貧相な肉体が姿を現す
弁当に「脱いでもすごいフライや天ぷら」は、基本的に ない

まいっか


一応現時点での今年一年のスケジュールも発表された
去年よりは、北も南も行動半径は広がる予感
モチベーションも、ちょっぴり上向き矢印



テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/14(金) 02:14:28|
  2. 外食ー弁当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

紫陽花亭びんすけ

Author:紫陽花亭びんすけ
2009年4月より
「美味しく楽しく」
スーパー糖質制限を末永く実践中
時々糖質まつり

開始から約半年で
HbA1cやコレステ値は平常域に

カロリー計算は無視
蒸留酒やワインは
際限なくという毎日
しかし、糖質制限の副作用で
なんの努力もなく約15kg減量した
糖質制限の賞味期限2年
(DM学会の見解です)
を大幅に超えた今も
ここ数十年で一番の健康状態をキープ中

日々、捏造という料理実験
あるいはギャンブルを続け
アルコールと共に
胃袋に流し込んでいる

最新記事

最新コメント

カテゴリ

紫陽花亭酒場のお品書 (10)
糖質制限あれやこれや (10)
台湾を徘徊する (6)
紫陽花亭よもやま話 (6)
落語 (1)
紫陽花亭的捏造 INDEX 2016 (0)
-------- (18)
新規日記 (68)
新規日記(アーカイブ) (0)
或る日の捏造記録 (120)
郡山捏造日記 (18)
糖質制限ひろばアーカイブ (16)
糖質制限 (115)
あれこれ (60)
メディア (24)
イベント (19)
食材別INDEX(工事中) (29)
肉類 (0)
魚介類 (0)
大豆製品 (0)
卵・乳製品 (0)
野菜 (0)
調味料・香辛料 (9)
醸造酒・蒸留酒 (5)
麺類・パスタ (6)
その他 (9)
おんもで飲む・喰らう (7)
北海道・東北 (0)
旭川を徘徊する (0)
関東甲信越 (0)
東京 (13)
中部・関西 (15)
京都を徘徊する (3)
大阪を徘徊する (6)
中四国・九州 (0)
酒場(旧) (20)
外食ー糖質制限旧) (24)
外食ー糖質非制限旧) (19)
外食ー弁当 (21)
紫陽花亭について (20)
紫陽花亭の生き様 仕事編 (10)
徘徊日記 (45)
北海道を徘徊する (7)
長野を徘徊する (2)
愛知を徘徊する (5)
三重を徘徊する (3)
福岡を徘徊する (16)
ぶつくさ (16)
未分類 (158)
マンホール (3)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

検索フォーム

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。