紫陽花亭的 不規則正しい日常

スーパー糖質制限を始めて7年目になる飲んだくれDM2おやぢの日々の捏造記録などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミョウガの季節到来!?

一週間外に出ていたので、さっそく冷蔵庫の補充
近所の激安系スーパーに行くと

あったあった!

  ミョウガの切り落とし

  ミョウガ切落


推察するに、ミョウガ畑の収穫の後の茎の元部分
だから、店頭にはシーズンオフにしか現れない
これだけ入って、一袋¥69は激安だだ

さっそく捏造開始


  なんちゃって錦木
  ミョウガ・ネギ・わさび・海苔・ゴマの和え物

  にしきぎ


  豚&たらちり

  豚&たらちり


  豚しょうが焼

  しょうが焼


  刺身切落

  刺身切落


  ちりめん山椒おろし

  ちりめん山椒おろし


久しぶりの家呑みは愉しい

スポンサーサイト

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/17(水) 17:12:14|
  2. 或る日の捏造記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

俺の立喰いそば



実は今回の旅の初日
7回の乗換がすべてタイミングよかったため
改札を出てコンビニに行くこともできず
やむを得ず? 立ち食い蕎麦を食べたのが甲府駅

これにはまってしまい
…というか、元々鉄だった紫陽花亭の胃袋の友は立ち食い蕎麦で
酒場同様
北は音威子府から、南は鹿児島まで
全国の駅蕎麦を制覇したという
(くだらない)プライドもあって
それが6年ぶりに覚醒したというか
この一週間で、三軒 立った

甲府駅「わさび菜紅生姜天そば」

 もつ煮もあったがあ、自粛(笑)


  甲府立喰い

  ポスター


新大阪駅「かきあげそば」

 大阪でそばを食うのか、と言われてもごもっともだが
 そばがないがしろにされていない印象だった


  新大阪立ち食い


富山駅「かきあげそば」


  富山立ち食い


すべてかき揚げそばである
ダブル炭水化物といえばそうだが
天ぷらは立ち食い蕎麦のダシだという持論があるため
初めての店では、天そばでその実力を測ることにしている

3店とも、想像よりいたってまともだった
しばらく遠ざかっていた間に
立ち食いそば自体も進化しているのかもしれない

富山ではサイドにます寿司というトリプルにも挑戦したが
雪のため商品搬入が遅れていて食べられなかったのは
幸だったのか不幸だったのか


ちなみに、何年もブランクはあるが
かつて一番出没していたのは

 新宿「永坂更科」
 新宿「かめや」
 新宿「おおはし」
 三軒茶屋「かしわや」

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/17(水) 14:12:17|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

打上げ

今年最後の旅を無事に終了した記念
乗換駅で立ち呑みにひっかかって、軽く打上げ


  さわや

  メニュー

  ショーケース

総菜屋の店の中に立ち呑みスペースがあって
おかずをつまみに、飲むことができる

途切れることなく惣菜を買い求めるお客さんが
どうやら人気店らしい
みなさん常連さんのようで
店のスタッフと親しげに会話する人も多い


  つまみ

  つまみ3

  つまみ2


意表をつかれ、何となく吸い込まれた店だったが
なんだか楽しかった


テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/16(火) 14:12:16|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラストラン

六日目

いよいよ旅の最終日

朝の天気予報は…


  天気予報


  ふむ

そして、はくたかが直江津駅に一晩立往生してるニュースが


とりあえず、朝メシ

本隊は
はくたかが動かない場合
7時発でまた長野までバス移動と聞いていた
とっくに出掛けていたと思っていたのに
レストランに行くとメンバーがいるのでびっくり
しかも何やらきな臭い噴霧器
昨日に続いてどうもまた不手際があったらしい


  朝バイキング


越後湯沢方面が壊滅なので
急遽長野回りにルートを変更
しかし、長野行も動いている保証はない
フロント嬢に
もし列車が止まっていたら
もう一度部屋に戻らせてもらうことをお願いし
歩いて数分の高田駅へ


  高田駅お知らせ


唯一長野行きの普通列車だけが動いていた!


列車はひたすら雪の中を走り
20分あまり遅れて長野に到着

それもまたたのし

雪に埋れた車窓に見入ったり
スイッチバックもあったり


  スイッチバック


ああ、こんなこと
昔なら覚えていたのにと言う体たらく
大分錆び付いてしまったが
少しは鉄分補給のリハビリできたようだ
金沢も富山も長野も
駅構内は突貫工事中


  長野駅

  長野駅2

  長野駅3

  長野駅4

  長野駅5


松本の手前から
突然日が差し青い空が見え
屋根の色が白くなくなった

別世界に移動したというか
なんだか久しぶりに青空を見たような錯覚


  富士山


これをA面と呼ぶかB面を呼ぶかはともかく
富士山も綺麗に見えた

もうすぐ東京だ


東中野〜塩尻〜名古屋〜新大阪〜富山〜高田〜長野〜松本〜東中野

ほぼ一筆書き、約1700kmを
全行程鈍行列車で無事駆け抜けた


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/12/16(火) 00:00:00|
  2. 中部・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のおべんと 高田編 と、部屋飲み打上げ

どうやら本隊の到着はギリギリになるらしい

待っていても仕方ないので

昼メシ

会場が結婚式場だと
弁当はいつもこんな感じだ


  高田 昼弁当


夕メシ


  高田 夜弁当


感想は、省略(笑)


労働は、無事に終了
明日はもう帰るだけの移動日だが
どうやら雲行きは引き続きヤバそうとのこと
なるようにしかならないので
ままよ、と夜の帳に繰り出すことに

もう時間も時間だし
メンバーはさんざん振り回されおつかれの様子
一人淡々と打ち上げるつもりで外へ出る

高田の街中には木造の古い雁木がまだ残っていて
雁木伝いに徘徊してみるが
帳自体が存在せず
仕方なく引き返して
コンビニ惣菜で部屋飲み一人打ち上げ


  コンビニ飯


ま、いいさ
さんざん飲み食いしたし
元々あまり期待できないとも聞いていた
大雪だし、日曜だし しかも選挙だ
部屋に戻ると特番はもうとっくに佳境を過ぎていて
というか、全然佳境すらなかったらしく

しかも、全国の開票速報をやってる最中に
いきなり地元の状況報告に切り替わるので
東京の情報が伝わらず、イライラ

おまけに、酒のつまみにすらならならなかったので
さっさと見るのをやめた

今日の初回のショー
最前列のテーブルはずらりと空席だった
地元のせんせ方が座るはずだったそうだ
今頃召し上がっているであろう酒は
甘露だろうか、それとも…

どうやらこの頃
直江津駅で立ち往生した「はくたか」が
列車ホテルとなっていたらしい


テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/15(月) 15:12:14|
  2. 外食ー弁当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上越へ

旅に出て5日目
18きっぷ3回目
いよいよ今回の最終目的地
上越・高田へ向かう

今日の移動
本当は18きっぷは諦めていた
富山から普通列車で移動すると
今朝、東京から移動してくる本隊と到着が同時刻になってしまう
しかし、今日も北陸〜越後は大雪注意報
別行動を取って遅刻しては洒落にならない
(過去に履歴あり、それも北陸で)

なぁんて考えていたのだが…

目が覚めてTVを見ていると
まさかの「上越新幹線運転見合わせ」の速報が流れた

もうメンバーは東京駅に向かっている時間だ
どうやらなかなか情報がわからず混乱しているらしい
「止まってるよ」と情報を流して
ドーミーインの朝温泉へ(^^ゞ
昨夜はチェックインもせずに外に飛び出し
夜中に戻ってばたんきゅだったので
しっかり朝風呂して元を取らなくては


富山駅に着くと、なんと北陸線の特急も運休で
是非もなく鈍行で新潟入りするしか選択肢がなくなった

じゃぁ、と朝メシ
これについては、また後日(笑)


  富山立喰い

  自販機

え? オレカってまだ使えるの?

富山を発ってしばらくすると
北陸線は徐々に海に近づき
やがて日本海が見えるようになる


  車窓


冬の日本海は厳しく寂しい
水も空もひたすら灰色で
荒涼とした無彩色がただ車窓の外に広がるだけなのだが
見入ってしまうのはなぜなんだろう?

そして頭の中には二つの曲が流れ出す

多田武彦の「北陸にて」と
岩河三郎の「親知らず子知らず」

学生時代に何度か歌った「北陸にて」は田中冬二の詩によるもので
終曲はこんな歌詞である

  北陸線の
  能生(のう) 梶屋敷(かじやしき) 糸魚川(いといがは) 青海(あをみ) 親不知(おやしらず) 市振(いちぶり)   泊(とまり) 入善(にふぜん)
  みんな何といふさびしい名であらう
  能生は海に沿うた細長い そして魚くさい町だ
  魚問屋の土間をとほして 青い海が見える
  丁度スクリーンいつぱいのやうに
  その青い波の上を 低くとんでゐる白い海鳥
  板屋根の古い宿屋があつて
  昼を海に向つた方の雨戸を 半(なかば)閉ざしてゐる
  そんな昼を 心太(ところてん)の水も温(ぬる)むやうな昼を
  按摩が笛を吹いてゐる
  能生 梶屋敷 糸魚川 青海 親不知 市振 泊 入善
  みんな なんといふさびしい名であらう

そして「親知らず子知らず」は
20代の頃、おそらく何百回も歌った
学校公演の大定番の歌だった

今の親知らずの駅は海の上を北陸道が走り
無粋な姿になってしまったが


  親知らず駅


鉄的にはトンネルの中にある筒石駅とかもあるのだが
さすがに途中下車する余裕はない


  筒石


  富山駅


あと90日で北陸新幹線が開通すると
この辺りはJRでなくなる
これで最後だな


結局定刻で直江津着
ここで本隊と合流のはずだったが
上越新幹線もほくほく扇も不通になってしまったため
長野まで出て、そこからバスで向かうという
しかも、大雪なのでバスが手配できてないらしい

いつ着くんだろうか


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/12/15(月) 14:12:15|
  2. 中部・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きときとやまな夜の2

まだまだ夜は長い
余勢を駆って、二軒目へ

ここがまた、個性的な店で(というより、店主が個性的)
食べログでも否定的な口コミも見られるが
それをあらかじめ知っていたせいか
出されたものが素晴らしかったからか
そういう料理を提供するため故のあの振る舞いなのか
ということがわかったこともあり
そしてすでに気持ちよかったこともあって
きときとのうえに胃袋きつきつな〆となった


  メニュー1

  メニュー2

  今度はハラを空かせて来たい
  そう思えるようなお品書き


  おでん

  北陸は、おでんもおいしい土地だ


  かに面

  冬の主役、おでん種の王者は「かに面」
  これで¥400は安い


  盛合わせ

  豪華、お造り盛合わせ


急に思いついて
一通のメールからあれよあれよと決まった富山行きは
相談した友人が素早く動いてキャスティングをしてくれ
紹介された現地コーディネーターがまた
これ以上はないという仕事をして下さり
予想外の大収穫
我ながら、先見の目があったということか

豪華な夜になった


テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/14(日) 23:24:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きときとやまな夜の1

富山市内に戻る途中で、外は真っ暗になった

ガイドさんが長年ご贔屓にしているという店に案内していただき
Let’s 開宴

メニューはすべてお任せ
さらに五箇山豆腐とコンニャクも出していただいた
  

  付き出し

  付き出し


  サラダ

  サラダ


  なまこ酢

  なまこ酢


  いわし酢味噌

  いわしぬた


  つくり

  造り盛り(ぶり、イカ、ぼたん海老、えんがわ)


  香箱ガニ

  香箱ガニ2


  お待ちかねの香箱ガニ


  岡山豆腐

  凛々しく起立する五箇山豆腐とぷりぷりのコンニャク刺


  あげ焼

  揚げ焼き
  これはすごい!
  仙台・栃尾・福井のあげと堂々並ぶレベルだ


  白子

 白子ホイル焼


ああ、至福


そんな楽しい時間を過ごしていると
新しい友達のFacebook友達ご一家が偶然来店
関西からいらしたという
そのご家族も糖質制限を実践していて
友達の輪がまた広がった(古い)
しかも、翌日わかったことだが
お子さんが紫陽花亭が仕事したCDを持っているという

いやいや、楽しい



テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/14(日) 21:22:23|
  2. 中部・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五箇山豆腐

固い豆腐が好きだ
昨今の豆腐はますます軟弱になり
下手をすると掌の上で賽の目に切ったりすると
そのままぐずぐず崩れたりもする
水切りすればぺったんこになるし
冷や奴はすぐ水が出て
だらしないことこの上ない

その分大豆の味も香りも希薄だしね

かつて、名古屋の仕事場の
同じビルにある食料品店で
高山の「縄かけ豆腐」という
それはガシッとした島豆腐のような豆腐があり
大好きだった

五箇山の帰りに
ガイドさんご贔屓の豆腐屋さんに寄ったのだが
ここの豆腐が、まさに それ


  店
  
  豆腐

  豆腐屋のかぁさん

かぁさん、お願いしたらポーズをとってくれた
これで一丁サイズだ

なるほど、高山と文化圏が同じなんだよねと納得
さらに、どうして五箇山に遠征したのかもガッテン

五箇山豆腐は堅豆腐として有名であることも知った

ここはコンニャクも美味しいそうで
これを、これから行く店に
常連特権で持ち込んで出してもらうという
ならば、とおいしそうな揚げも追加購入


  揚げ


残念ながらすでに冷蔵庫でお休み中だったが
それでも十分に旨そうだ

いや、楽しくなってきた
富山に立ち寄ってよかった
しかもこんな買い物は
地元の人のアシストなしには絶対に辿り着かない

Oさん、Mさん、ありがとう!


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/14(日) 17:21:24|
  2. 中部・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただちに優秀なガイドを派遣してもらいました

明日の上越での仕事に備え、今日は北陸へ移動
3日ぶりに,18きっぷでまた旅に出る
しかし、テレビでは大雪だ大雪だ、と騒いでいる
でも、騒いでいるのは東京のスタジオなんですが

こういう時、局アナは自分の居場所を中心に
暑いだの寒いだの言うが
こうして東京を離れてテレビを見ていると
すごく違和感だ


  新大阪駅


新大阪発07:49の鶴賀行きで始動
車窓から琵琶湖が見えなくなる頃から
景色が白くなり始めた
鶴賀・金沢と乗り継いで14:08富山着


  有人改札


金沢では乗換に30分ほど時間があったので
駅はどう変わっているのかな、と偵察に出たが
春に向けてバタバタと大改造中で
もう少しどうにかならないのか、というくらい
乗換客には歓迎の意のかけらも感じられない
「中途半端な今頃来るんじゃないよ」
そう言われているようだった
有人改札って久しぶりに見たかもしれない

結局大した雪にも遭遇せず定刻で到着した

友人の友人に出迎えていただき
ホテルに荷物を置き
観光でもしますか、と提案されるが
雪交じりの雨という天気だし
特にアイディアも浮かばない

「じゃぁ五箇山にでも行きますか?」
「え?それって遠くないですか?」
「車で1時間くらいですから」
いいのかな?
う〜ん、すごいな

でも連れていっていただいて、本当によかった
高速を降りた頃から雪になり
山が近づいてくるにつれて
本格的な雪景色に変わった


  道路標識


しかし、壮観だ
おそらく一生に一度行くか行かないかの
山の中の世界遺産
それもこんな大雪の日に

あまりに現実離れした白黒の景色に息をのむ


  五箇山遠景

  五箇山遠景2

  五箇山1

  選挙ポスター

  ポスト


しかし、この選挙ポスターが
ここが保存のための家並みではなく
実際にまだ生活が営まれていることを物語っている

さすがに、観光客は誰一人見かけなかった



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/12/14(日) 16:18:20|
  2. 中部・関西
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走の京を徘徊する 祇園で打ち上げの巻

  花見小路


すれ違うカップルのほとんどが日本語を話していない
…なんてことは置いておいて


  きたざと


よく歩いた一日のゴールは
祇園「きたざと」のカウンター
17時から19時までの限定だが
運良く席を取ることができた

今日はリミッター解放
祇園でブレーキかけるほど野暮ではない


  きたざとメニュー

  きたざとメニュー2


  付き出し

  下仁田葱バター焼

焼とろろ


付き出し〜下仁田葱バター蒸し〜きたざと名物焼とろろ
と進んで、次の注文を考えて日本酒へ移行


  ちろり

  このわた

ほやのこのわた和えは、日本酒しかないでしょう


  おあげ

  甘鯛かぶら蒸し


さらに
あげたてのおあげ〜甘鯛かぶら蒸しをいただき
気持ちよく酩酊して阪急で爆睡
20時前には帰宅した

一休みしたら、また近場に繰りだそうと目論んでいたが
さらに出かける気力もなかったので
明日の遠征の英気を養うことに

明日から北陸だ

テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/13(土) 23:59:59|
  2. 京都を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走の京を徘徊する 買い物ブギ

四条に戻り、駆け足で買い物

師走の四条を象徴する風景


  南座



以前は、この時期の京都に仕事で訪れ(南座ではない)
その関係で大層なホテルに泊まったりもしていたが
もうすっかりそんな生活とは縁がなくなり…


その頃によく顔を出していた寿司屋


  いづ重

  いづ重2


地元の仕事仲間から
ここの鯖寿司はいづうよりも安くて旨い
そう聞いて訪れるようになった店だった
(実際食べログでもいづうより点数が高い)
タイミングがいいと
鯖の肝煮にもありつけた
これがまた絶品で

今は店頭を通り過ぎるだけ(苦笑)

いや、心情的には食べてもよかったのだが
前後のスケジュールを考えると
胃袋がそれを許さなかっただけ

「黒七味」の原了郭がカレーを出したという情報を聞き
早速訪問
さすがにカレーはダブル炭水化物なので、パス
でもスパイスには興味があった


  カフェ了郭

  了郭メニュー


つづいて、はれまへ
京都にはちりめん山椒の店がたくさんあるが
ここのちりめん山椒は砂糖べたべたでなく
さらりとして、とても美味しい
もちろん商品的に糖質オフではないが
全然許容範囲だ、ということにする


  はれま


この後、京漬物の名店「川久」に顔を出すつもりでいたが
17時に「きたざと」のカウンターを予約することができたので
西京極行きは、今回は断念

いそいそと、夕暮れ時の花見小路へと足を進めた

あ、錦を冷やかす時間もなかった…


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/12/13(土) 20:14:12|
  2. 京都を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走の京を徘徊するの1 南山詣で

烏丸で阪急を降り、市営地下鉄に乗り換え20分
目指すは「南山」
糖質制限の世界では超有名な焼肉店だ
始動が遅れたため、ランチに間に合うか不安だったが
かろうじて間に合った


  南山


いただいたのは、糖質オフ和牛焼肉セット
ローストビーフサラダと焼肉に
肉味噌チーズの焼にぎりかコンニャク米のクッパがつく
今回はクッパを選択


  南山2

  クッパ


肉の量は130g
ガッシリと肉を喰らいたい向きにはちょっと上品かもしれない
しかし、クオリティの高い焼肉ランチを楽しむことができた

今回、社長さんとはお会いできなかったが
妹さんである専務さんと色々お話することができた
糖質オフメニュー開発の裏話もいろいろ伺った
頭が下がる思いだ

コチジャンも低糖質ですか、と伺うと
そうではないとのこと
ならば是非に、と
まっとうなコチジャンの開発をお願いしてみた

今、巷に出回っているコチジャンは
本来の醸造食品からはほど遠く
熟成を水飴や砂糖でごまかす捏造品だ
是非ともきちんとした醸造食品である
コチジャンを食べてみたいものだ

さぁ、四条に戻ろう


テーマ:焼肉 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/13(土) 16:19:22|
  2. 京都を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買い物ブギ 大阪編の3

さぁ、先を急ぐ
次は三国
目的は「かす」だ

 余談だが、紫陽花亭の確定申告上の職業はカス(가수)だ

郊外の駅前商店街のアーケードの中に
そのかすを製造販売している
小さな店構えのから揚げ屋さんがある
かなり、マニアックな遠征だ


  三国


店構えはこの通り
周囲に溶け込んだ滋味な容貌で
この看板がなければ
まさか、かすを売っているとは誰も気付かない


  三国2


「かす」は元々は民族的ソウルフードがルーツ
それが今ではかすうどんがブレイクしたり
いいだしが出るので
全国のお好み焼き屋に発送しているそうだ


訪問は二度目
それはコクのあるダシが出るので
お好み焼きや焼きそばが格段に旨くなる

広島のかす(せんじがら)は豚が原料だが
大阪のかす(油かす)は牛の小腸が原料
ビジュアルは、ご覧のようにかなりグロテスク


  かす


これで、徘徊大阪編を完了
十三に戻り、京都線に乗り換えて
烏丸を目指す




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/12/13(土) 15:17:19|
  2. 大阪を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買い物ブギ 大阪編の2

次は「喫茶Y」で朝メシ
…ではなくて、旭ポン酢の買い付け

新梅田食堂街を通り抜け
職場の横を越えて新御堂筋へ

以前、劇場公演の時には
かなり通ってさんざんお世話になった喫茶Yは
その壮絶なボリュームで有名な店だ


  喫茶Y


  喫茶Yメニュー


例えば20年前?のある日のY定食は
冷や奴〜厚切りベーコン2枚と卵2個の目玉焼〜
焼きそば〜大盛カレー(お代わり自由)〜
〆にVHS2巻ほどの厚みのミックスサンド
+おばちゃんの笑顔と「足りた〜?」の一言
こんな感じの「これでもか定食」
これが確か¥760位だった

今では胃の腑も膵臓も
到底受け付けないメニューだった

ただ、ママは「大食いの店」と括られるのが大嫌いだった
お客さんが驚いたり喜んだりする顔が見たくて
店をやっていた、とのこと

もう移転して久しいが
感謝の気持ちを込めて
初めて新しい店の前まで出かけてみた
ただし表敬訪問だけ

このご近所さんに目指す酒屋がある


  きしもと


ポン酢も、低糖質を謳うものがいくつか出回っているが
どれも紫陽花亭的には甘過ぎて酸味も物足りない

糖質的には必ずしも低くないのだろうが
結局、調味料で妥協するのは随分前にやめることにした
ポン酢もみりんもダシ醤油も
調味料は一度に使う量はさほどでもないし
むしろ捏造のクオリティに影響するので
自分の舌に妥協しないことに決めた

なので
大阪に行くたびに一升瓶を買って帰るのが、その旭ポン酢
今は東京でも買うことができる
しかし、代理店契約をしていないので
かなりぼったくり的値段だ
さらに、一升瓶は一度もお目にかかったことがない

結局、ここが最安値だと思う


  きしもと2


一升瓶2本+箱に余裕があるので
三岳などをご購入

再び中津駅を目指し
ひっそりとしているいこい食堂を横目に階段を上がり
今度は三国を目指す



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/12/13(土) 14:15:16|
  2. 大阪を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買い物ブギ 大阪編の1

さて、さくさく動こう

まずは阪神百貨店へ

目指すは、阪神名物行列ができるイカ焼


  イカ焼1

  イカ焼1


ではなくて

551


  551


でもなくて

ルピシア

阪神梅田店限定の「べっぴんさん」をご購入
日本茶ベースのアールグレイだ
率直に言えば、茶葉に力はない
でも、マリアージュが珍しいので
寄る時間があるときはワリによく買っている


  べっぴんさん


今日はそんな買い出しばかりだ


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/12/13(土) 12:13:12|
  2. 大阪を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買い物ブギ 大阪編の0

今日はスケジュールがてんこ盛り

大阪・京都をいちんち徘徊するもくろみだが
その前にさらに一仕事

明日は新潟に移動し
高田に泊まる予定だった
しかし、いろいろリサーチした結果
友人の助言で富山に変更することに
朝、バタバタとメールのやり取りをした結果
優秀なガイドさんまで紹介してもらった

急いでホテルを取り
予約をキャンセルし
慌ただしく動き始めたが
この時点ですでに
スケジュール1時間押し

今日は18きっぷ(JR)ではなく
阪急電車にとことんお世話になる予定
さて、お得な切符はないか

おお、なんとホテルの近くに
回数券の自動販売機(バラ売り)があった
さすが、大阪やん



そういえば、昔
東梅田駅の改札脇で
おばちゃんがタバコのバラ売りをしてたのを
見たこともあったっけ

結局1日パスを購入した
¥1200なり



おお、阪急のパスで阪神にも乗れるんか!
お得やん!

鉄的にはこのパスを使い倒したい
一瞬そう思ったがそうもいかない

まずは梅田を目指す



  1. 2014/12/13(土) 12:11:10|
  2. 大阪を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

胃袋強靱化計画 中津・天満再び編

昨日に続いていこい食堂へ
今日は一軒目だ


  着席


昨夜の隣に陣取った
かつて類さんも座った場所だ
大将、もちろん覚えててくれて
「おかえり」と迎えてくれた


  おでん


まずは、おでん
大根にすじを注文したら
「すじ、今日ないからねぎまでええか?」と
おお、大阪でねぎまとは珍しい
てか、東京でもほとんど見かけない


  焼き鳥


串は、レバーとねぎま
こちらのねぎまは、鶏とネギ

レバーは大阪では「肝」と呼ぶことが多い
だから、レバ刺しは「生肝」
なまぎも、なんと生々しい響きだろう


  脊古ガニ


そして、今宵のメインディッシュ、脊古ガニ
せこがに=ズワイガニの雌を兵庫では、こう呼ぶ
このカニとも、2年ぶりの再会
iPhoneがべとべとになるのは困るが
むさぼり食う
やっぱカニにはポン酒でしょ
ということで、呉春の冷やに移る


  野菜炒め


〆? ではないが、最後に野菜炒め
もちろん、昨日の牛肉野菜炒めが気になって(笑)

いこいの野菜炒めは豚肉だった
しかも、ソース味!
ちょっと意表を突かれた
しかも、この量だ

満足して店を出て
再び阪急で天六へ
目指すは「えんぞ」
今朝、仕事仲間から仕入れたばかりの情報だ
まだ開店して数ヶ月のイタリアン
若い店長が一人で仕切っているカウンターだけの店だ


  メニュー

  メニュー2

  ドリンク


とりあえず前菜盛合わせを注文し
その後は流れに任せる目論みだったが
目の前に現れた皿を見て驚いた
なんという量だ!
隣の席の女性カップルも驚いて
皿を覗き込んでいる


  前菜盛合わせ


結局、次の皿には進めず
この一皿だけで3時間近く滞在することになった

後に聞いたところによると

同じメニューでも、人を見て
量や中味をアレンジするらしい
そして、この量はMAXではないか、とのこと
う〜ん、どう見られていたんだか…

店長は、従業員ではあるが
店の切り盛りもメニューも
すべて一任されているのだとか
そして、数年後の独立を目指していると言っていた
その日が楽しみだが
もちろん、その前にこの店にも顔を出したい

実は、かつて大阪でホームグラウンドにしていた店が
いろんな事情で、今は一軒もなくなってしまっていた

でも、今回その在庫が一気に増えたような気がする
これで、問題は大阪に来る仕事があるかないか、だ(笑)
いや、笑ってる場合ではない
後期ミュージシャンにとって串カツ問題なのである


終電はとうになくなって
ごきげんでTaxiで帰宅
天七から南方まではぴったり¥1000だった


テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/12(金) 12:12:12|
  2. 大阪を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のおべんと 大阪編

二日目の朝は雨
雨の新御堂筋を歩いて、現場に向かう


  雨の新御堂筋


最近は大阪もすっかりご無沙汰
今日の現場も2年ぶりだ
懐かしい


  梅芸ステージ


エレベーターを降りたら
いきなりこのケータリングに迎えられた
軽食や飲み物のケータリングは当たり前だが
この類は見たことがない
なんだか、至れり尽くせり感が迫ってくる


  ケータリング


こんな手作りのパンフもあった


  パンフ


今日の勧進元Mは、二食とも弁当が原則
梅田でそれもなかろうにとも思うが
本日もそのルールは健在
残念ながら、おかずも糖質・でんぷんまみれだった


  梅芸 昼弁

  梅芸 夜弁


こんな差し入れも楽屋に届いた
阪神百貨店名物のいかやきだ


  いかやき


一瞬心が揺れた
しかし、ぐっとガマン

本隊は東京から日帰りだが
今宵も大阪泊まり

いざ、中津へ!


テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/12(金) 11:11:00|
  2. 外食ー弁当
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

胃袋強靱化計画 天満編

今日は天満辺りのディープな酒場を巡ろうという魂胆

一軒目は「奥田」

環状線天満駅の改札を出てすぐの路地に入ると
立ち呑みの店が左右に並んでいる
一時期、けっこう通っていた時期があったが
奥田はウワサを聞くだけで暖簾を潜ったことはなかった
数年ぶりに訪れた路地には新しい店も増えて
ますます人気のエリアになっているようだ


  奥田のれん

  奥田2


もう、看板からしてインパクト
酒よりもあてよりも、まず 禁煙の立呑み
ビール大瓶(だいびんと読む)がまさかの¥360だ

大きなコの字カウンターが相対する店内は
すでに酔客で溢れている
なんとか店の奥に場所を占めることができた

とにかくメニューの数がハンパでない
あれこれ迷いながら、友人と選んだのが
鯖のきずし、たこ造り、鯛の子煮
穴子きゅうり、カキの湯引き


  きずし

  たこ造り

  鯛の子煮

  穴子きゅうり

  穴子一本揚げ

  カキ湯引き


キャッシュオンではなく
注文すると串を置いてカウントするシステムだが
どの串がいくらを意味しているかはわからない


  壁のメニュー


料理を撮っている時は何も言われなかったが
壁のお品書きにiPhoneを向けると
「そこのカメラマン! うちは撮影禁止だよ」
と、おばちゃんに怒られた
ごめんなさい


幸先の良いスタートを切り
奥田から歩いて数分
天神橋筋商店街の一本脇の「ダイワ食堂」へ移動
ここも、友人達から
「あ、ダイワに行ったんだ!懐かしいなぁ」
「オレもよく行ったよ」
と言われるほど、名店なようだ


  ダイワ1

  ダイワ2


  メニュー

  付き出し

  じゃこトースト

  あじ南蛮

  ゴーヤチャンプルー

  ぎんなん

  ずりにんにく炒め

  野菜炒め


つくねおろしポン酢、じゃこトースト、あじの南蛮漬
ゴーヤチャンプルー、煎りぎんなん、ずりにんにく炒め

野菜炒めを頼むと、豚ではな牛肉だった
うーん、肉じゃがの東西の違いはよくあるが
野菜炒めもそうなのか
大阪人の友人は当然と言っていたが
街の中華屋でもそうなんだろうか?

ああ、楽しい
今日は天五店だったが
次回は是非本店に出かけて見たい


ここで友人達と別れ
今回のミッションの一つ
中津「いこい食堂」へ
天神橋筋六丁目から中津は阪急で6駅
だが、千里線〜京都線〜神戸線と、二度乗り換えなくてはならない

2年ぶりの訪問だ
中津駅の超ナローなホームを歩き
階段を下り、改札を出ると
もうそこに「いこい」はある
構内酒場、駅ナカの走りのような店だ


  中津ホーム

  中津駅階段

  店内

  目の前


アルミサッシの扉を開けると、変わらぬ世界が待っていてくれた
今日は、もう三軒目の〆なので
玉ひも煮、ハモ皮で軽く…
のつもりが、勢いで野菜天ぷらを頼んでしまう


  玉ひも

  ハモ皮きゅうり

  野菜天


ここの本番は、あくまで明日
「また明日来るからね」と大将に言って
気持ちよく階段を昇って、ホテルに戻った

まずい、初日から楽しすぎる

テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/11(木) 11:11:11|
  2. 大阪を徘徊する
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪へ移動する10の方法

以前だったら今月は旅から旅の一ヶ月
多い年は20日前後も徘徊していた

それが昨今は師走はすっかり閑散期
今年も2度出かけるだけだ
11日に大阪、14日に上越

むむ、これは18きっぷが使えるじゃないか
幸か不幸か、間に予定は入っていない
(紫陽花亭は、青春18きっぷとはけっして呼びません)


  18きっぷ


ということで、東京〜大阪〜新潟〜東京を
鈍行列車で一回りする計画を企てた
今月に限らず、旅の仕事が激減したので
久々に鉄分補給もできそうだ


今まで、東京〜大阪はいろんな方法で移動した
新幹線(のぞみ・ひかり・こだま)
飛行機(伊丹・関空・神戸)
18きっぷ(東海道夜行)
夜行バス(東名〜名神、中央道〜名神)

今回は初めて昼間に中央〜東海道ルートで大阪を目指すことにした


  ネリカス電光板


18きっぷが使える10日の朝、始動
最寄り駅を5:39に発って、まずは中央線で立川へ
八王子の手前辺りで日の出を迎えた


  朝日


立川、甲府、塩尻、中津川、名古屋、岐阜、大垣、米原で乗換え
17:11に新大阪に到着
甲府で15分、名古屋で17分だった他は
乗り換え時間は軒並み3分〜7分
しかし、何事もなくスムースに接続
おそるべし、日本の鉄道

初日の移動は11時間半余り
糖質制限の副作用で焼く15kg体重が落ち
座るとすぐケツが痛くなるのに
電車の座席では痛くならないのが、我ながら不思議だ
特異体質なんだろうか?

今回、いろいろ思惑もあって
糖質リミッターは時に解除したり
ホテルに置いて出かけたり

甲府や名古屋でも、改札を出るほどの時間はなく
朝メシは 甲府駅の立喰いそば
たぶん6年ぶりに食べる
もし30年前にBlogがあれば
立喰いやラーメンBlogを書いていたかもしれない
というくらい数は食べてきたので
たかだか一杯のわさび菜紅生姜天そばがしみじみと染みた
というより、このブランクの間に
つゆも麺も随分進化しているようだ


  わさび紅生姜天そば


  甲府駅そば


ホテルに荷物を置いて、さぁ天六へ

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2014/12/11(木) 10:09:08|
  2. おんもで飲む・喰らう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

紫陽花亭びんすけ

Author:紫陽花亭びんすけ
2009年4月より
「美味しく楽しく」
スーパー糖質制限を末永く実践中
時々糖質まつり

開始から約半年で
HbA1cやコレステ値は平常域に

カロリー計算は無視
蒸留酒やワインは
際限なくという毎日
しかし、糖質制限の副作用で
なんの努力もなく約15kg減量した
糖質制限の賞味期限2年
(DM学会の見解です)
を大幅に超えた今も
ここ数十年で一番の健康状態をキープ中

日々、捏造という料理実験
あるいはギャンブルを続け
アルコールと共に
胃袋に流し込んでいる

最新記事

最新コメント

カテゴリ

紫陽花亭酒場のお品書 (10)
糖質制限あれやこれや (10)
台湾を徘徊する (6)
紫陽花亭よもやま話 (6)
落語 (1)
紫陽花亭的捏造 INDEX 2016 (0)
-------- (18)
新規日記 (68)
新規日記(アーカイブ) (0)
或る日の捏造記録 (120)
郡山捏造日記 (18)
糖質制限ひろばアーカイブ (16)
糖質制限 (115)
あれこれ (60)
メディア (24)
イベント (19)
食材別INDEX(工事中) (29)
肉類 (0)
魚介類 (0)
大豆製品 (0)
卵・乳製品 (0)
野菜 (0)
調味料・香辛料 (9)
醸造酒・蒸留酒 (5)
麺類・パスタ (6)
その他 (9)
おんもで飲む・喰らう (7)
北海道・東北 (0)
旭川を徘徊する (0)
関東甲信越 (0)
東京 (13)
中部・関西 (15)
京都を徘徊する (3)
大阪を徘徊する (6)
中四国・九州 (0)
酒場(旧) (20)
外食ー糖質制限旧) (24)
外食ー糖質非制限旧) (19)
外食ー弁当 (21)
紫陽花亭について (20)
紫陽花亭の生き様 仕事編 (10)
徘徊日記 (45)
北海道を徘徊する (7)
長野を徘徊する (2)
愛知を徘徊する (5)
三重を徘徊する (3)
福岡を徘徊する (16)
ぶつくさ (16)
未分類 (158)
マンホール (3)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

検索フォーム

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。