紫陽花亭的 不規則正しい日常

スーパー糖質制限を始めて7年目になる飲んだくれDM2おやぢの日々の捏造記録などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こぶちゃん

4時から飲み歩くという新番組がCSで始まった
第一回は淺草「水口食堂」

飲み歩くのは
大名跡・正蔵の九代目

常連さんらしい
淺草もホームグラウンドなのだから
当然街の通でもあるだろう
酒呑みのプロとして、それなりのコメント

しかし…

何か似合わない
酒呑みというシチュエーションが似合わない


哀しい噺家である
軽い噺家であるかもしれない
そうでないかもしれないが
そういう印象が、どうも払拭できない

たぶん、真面目な人だ
高座は誠実さがにじみ出ているし
芸にもそれなりに精進しているだろう
三平の長男として生まれた苦悩を背負い
その重責に耐え、九代目を襲名した

でも、なんか 軽い 風格がない 威厳もない
きらりと光る才覚や鋭い眼光も感じられない
噺も誠実だが、よくいえば それだけ
ひねりがない、毒もない
真っ当で真っ正面で、本寸法ではあるが
真面目の国から来た優等生が羽織を着て
速記本を覚えた如くの高座
海老名家だから、シモネタもご法度だ

九代目が醸し出す空気は
落語の住人とは違和感がある
マジメな与太郎や健全な吉原なんて
つまらない
出てくる酒もノンアルコールではあるまいか


そんな師匠も、もう53歳

53と言えば
先代馬生師の最晩年
三平師の最晩年でもあった
お二方とも54で没している


殺すつもりは毛頭ないが
53で亡くなった人といえば
有吉佐和子、横山やすし、寄近美津子、向田邦子
などなど
だから何だというつもりもない

いや、師匠が若々しいのだろうが…

やっぱり、いまだに正蔵師匠というより
こぶちゃんなんである


酷いね、ボロカスだ(笑)


スポンサーサイト

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

  1. 2016/01/21(木) 21:01:16|
  2. 落語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

網に掛かった干物

労働の後、富山の物産館へ
もちろん目指すは五箇山の堅豆腐
ラストワンをゲット

店頭で干物を売ってるおばちゃんとご歓談したら
やたらオマケしてくれた
魚津から来たという

にぎす200g1000円が
150gくらい増量
カワハギ3枚1000円も、1枚オマケ
試食もいっぱいさせてもらい
楽しかった


  にぎす

  かわはぎ


でも、これってみんなにしているんだろうね


帰り道、西武と京急のコラボ車両に遭遇


  黄色い京急


たしか一編成しかないはずだから、すごくラッキー?
長い間西武線ユーザーだったので
まったく縁のない場所で黄色い塗装を見て
じぇじぇじぇのびっくりぽんだった


んで、本日のお品書き

定義揚げと小松菜煮浸し
しらすネギおかか和え
ニギス・カワハギ焼と辛味大根おろし
賄い(巻かない)ロールキャベツ
 これはただの手抜き


  揚げと小松菜


  しらすネギ


  干物


  巻かないロールキャベツ



テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

  1. 2016/01/15(金) 01:15:00|
  2. 紫陽花亭酒場のお品書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れ時のスーパーに立ち寄れる幸せ

それぞれのスーパーに、それぞれのゴールデンタイム
この時間なら、ここ
というスーパーに立ち寄って帰る
ま、今の季節はもう夕暮れというより
すでに真っ暗だが


  刺し盛
  溺愛とんかつ
  三角定義揚げときのこ煮
  ソーセージとキャベツ炒め


  刺し盛


  とんかつ


  定義揚げ煮


  そーせージキャベツ炒め



テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

  1. 2016/01/14(木) 15:16:17|
  2. 紫陽花亭酒場のお品書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みんな違って みんないい

「糖質制限」
この言葉に巡り会って7年の時間が流れた

当時、DMが発覚して約10年
おざなりな治療だけで
根本から目を背け放置した因果がめぐり
網膜症が発覚
数度のレーザー手術を受けるも
このままの生活を続けていたら
あれこれ、終わりの始まりのカウントダウンも時間の問題…
そんな不安から重い腰を上げ
何とかDM治療の解決策はないか、と
さんざん情報を探しまくり、検索しまくり
ガセや似非な情報の海の中から
ようやく江部医師のblogに辿り着いた

当時「糖質制限」という言葉は知名度ゼロに近く
紫陽花亭も、糖質とはなんぞや?
炭水化物とどう違うの? 程度の認識で
糖質制限をどう始めたらいいのか
本当に始めていいのか
わずかな情報からは
なかなかその素晴らしさがわからず
数ヶ月試行錯誤した上で
「もう、これしかない」と
ようやくスーパー糖質制限を始めたのだった

糖質制限なる単語がメディアに登場する、なんてことももちろんなく
それでころか、批判やネガティブキャンペーンの対象ですらなかった
それでも、その理論の正当性に気付いた?DM学会医師の一部は
パイオニアの江部医師を民俗療法呼ばわり

その後、徐々に糖質制限が世の中に浸透していくに連れ
メディアに糖質制限が取り上げられると
「すごいね」「出たね」などと
仲間と喜んだものだった
画面に「糖質制限」の文字が出るだけで
大ニュース扱いだったのだ

それがいまや、糖質制限はすっかり市民権を得て
情報も関連商品も、山のように世間に溢れている
こんな日が来るなんて、と涙腺がウルウルするのは
加齢のせいなのか
それとも飛び始めた花粉のせいなのか?

ついでに、糖質制限という単語も

ケトンジェニック
低炭水化物
低糖質
糖質オフ
糖質カット
MEC
ローカーボ (50音順)

そして糖質制限のレベルも
釜池式
江部式
山田式
DM学会式(?)

などなど、と
様々な呼び名というか、バリエーションというか
その背後にいろんな事情が垣間見える今日この頃

どこぞの国のマツリゴトのように
一大巨大勢力と闘うには
小異を捨てて一致協力すべきなのに
それぞれが自己主張しあうだけでは
何も前に進まない

ショーバイするために?
お山の大将になるために?
自己顕示欲を満たすために?
組織ごっこにうつつを抜かし独裁者を気取りたいから?
小異の差別化を図るために?

糖質制限というコンテンツも凄くなったものだ

それにしても
大人の事情って、なにかとタイヘンなのね
と、失笑するしかないのだが
医師や医療従事者ではなく
素人が(しかも、多くのバアイDM患者ではなく健常者だ)
あれこれ蠢いていることに違和感を抱く

元々は、糖質制限という
か細いが、近い将来
葉を広げ、大きな果実を産みそうな
奇跡の一本松のような
DM患者にとって、光明がさす希望の木だったはずだ

それが、何故か
いつの頃からか、あちこち枝別れ

挙句は、別れた枝葉の中に
元々の幹を越えただの
否定するような輩も現れ
そんな資格などないはずなのに
仕切ってみたり
アドバイスという名の押しつけ行為や
医療行為まがいなことをしてみたり
挙げ句、怪しげな布教活動になってみたり
メジャーになった(?)がゆえの歪みや
異物混入も垣間見えるように

勘違いが甚だしかった異物の除去、という
自浄作用が働いた事件も最近あったばかりでもある

それは黎明期にもなかったことではない
しかし、世間に与える影響力の増大を考えると
あまりよろしくない状況だ
特に、知識の伴わない糖質制限初心者さんを
誤導したり、威圧したり
ネガティブな印象を与えるのはもってのほか

何だかね

そもそも
100人の人がいれば100通りの生き方がある
それぞれの年齢、病態、体調、生活、嗜好はみな異なるのだから
糖質制限の方法論だって人それぞれだ
どれか一つの方法論だけが正しい、なんてことはあり得ない
江部医師が「糖質制限はテーラーメイド」と仰る所以である

糖質制限は人の為ならず
情報を共有し、親睦を深め
QOLを高め合うのはいいが
他人様の領域に土足で上がり込むようなことは
かえって糖質制限を怪しげなものにしてしまう

糖質制限は、主義でも修行でもない
まして宗教でもない

7年前からそう言い続けているが
こんなことを書かなくて済む日はこないものか
そんな気持ちで、あえてこんな戯れ言を書いてみた

美味しく楽しく、血糖値管理
紫陽花亭が糖質制限に求めるのは
それ以上でも、それ以下でもない

ちなみに、紫陽花亭の立ち位置については
以前、こんなことを書いてみた

 → 紫陽花亭式糖質制限十ヶ条 



テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/01/13(水) 14:15:16|
  2. 糖質制限あれやこれや
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後期賞味期限食品

後期高齢者などという
人を賞味期限間近のように扱う役人言葉があったが
賞味(消費)期限切れ間近な食品は
糖質制限のつおい味方だ

糖質制限はけっこうづくめであるが
数少ないデメリットの一つに
エンゲル係数が上がる、という問題がある

日頃、激安B級食材を探すアンテナを張り巡らせ
あっちのスーパー、こっちの安売り店と
徘徊し続けている紫陽花亭だが
この半額シールも、糖質制限のつおい味方


  半額シール


今夜はこんなものを並べて
ちゃちゃっと飲むことにした

在庫の関係で、揚げ物ばかりになったが
贅沢は言えない
いや、むしろ揚げ物は元々紫陽花亭の好物
この程度の衣なら、気にしないことにしている

ついでに、賞味期限もまったく気にしない

なんせ、日々ガクタイ屋としての賞味期限と闘っている
後期ミュージシャンなのである
迫り来る期限と向かい合う食材を愛さないで、どーする

それに、だ
賞味期限にはカラクリがある

詳しくは こちらを  →  Wiki


生鮮品や惣菜は賞味期限ではなく、消費期限だが
賞味期限のバアイ
それは、=要廃棄を意味するものではない

消費期限だって、鼻くんくんの自己責任だが
かなうものなら、期限切れを叩き売りして欲しいくらいだ

そんな訳で、たまーに冷蔵庫や戸棚のガサ入れをすると
とっくのとうに期限が切れたあれやこれやが
不思議と必ず見つかる
もちろん、余程のバアイを除いて
おいしくしうまつ処理をする



テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

  1. 2016/01/12(火) 13:14:15|
  2. 紫陽花亭よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長芋

事情があって、山芋の大量在庫を抱えることになった


  山芋


山芋は、糖質制限的には
あまり積極的には摂取したくない食材
糖質量は12.9g/100g
生食ならまぁまぁだが
加熱するのはNGとされている

【以下、ドクター江部のブログより引用させていただく】
当初は、ヤマイモに含まれるネバネバのムチンという成分が、糖質の分解・吸収をゆっくりさせる作用に期待して、生のヤマイモは○にしてました。その後、ヤマイモは△に降格です。

確かにムチンは、急激な食後血糖値の上昇は少しは防いでくれていますので、グルコバイのような効果があるていど期待できるかと思うのですが、効果に個人差があることと、所詮はあるていど血糖値を上昇させます。

従って、生のヤマイモ少量ならまあOKなので△としました。

火を通したヤマイモは、ムチンの作用が期待できないので×です。

生のヤマイモでも、量を摂取すると血糖値は上昇しますので、大量は×です。


が、これだけの在庫を食べないこともあり得ないので
せいぜい、用法用量を守って
ちまちま消費することにしよう

ということで、今宵はこんな捏造を

 山芋ポン酢
 だしがらさっと煮
 サバ塩焼
 砂肝にんにく炒め


  山芋ポン酢

  
  だしがら煮 


  サバ塩焼


  砂肝にんにく炒め


テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

  1. 2016/01/11(月) 11:11:11|
  2. 紫陽花亭酒場のお品書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タニタ

こんな本を図書館で借りてみた


  タニタ本


もちろん、おべんきょのためではない
ぶっちゃけ、揚げ足を取るためで
このカロリー制限な食事が
血糖値管理に無力どころか
有害であることは、今さら言うまでもない

そういう意味では
タニタ食堂のバランスのいい高糖質低カロリーな食事は
DM患者にとって、害毒以外の何物でもない

著者の後藤響子氏は
例のタニタ社員食堂のレシピ考案者

Blogには次のようなプロフィールが

 タニタ社員食堂の礎を築いた初代管理栄養士。

企業、病院、銀行などで栄養管理、栄養指導を行っており、指導歴約40 年、指導者数5,000人を越える。
70歳代になった現在も健康そのもので医師知らず。
「その人に合った健康的な生活習慣を伝える事」がミッションで、ダイエットを越えた「食べ方」や
それを支える「考え方」を圧倒的な経験を踏まえて実行しやすい形で伝える。


とーぜん、根本から立ち位置が違う以上
カロリーだのバランスだのという記述満載なのだが
そんな本の中にも、真理が

こんな記述があった
「がんばっているのにやせないというのは
 がんばり方が間違っているからです」
「正しい理解のために、正しい知識は必要なのです」


そうだよ、そうだよ
まさに、その通り!

今さら、どうこう言うまでもないのだが

「マヨネーズにケチャップを加えてカロリーダウンさせる工夫」

なぁんて、トンデモな記述が満載な本書

医師や栄養士の指導を信じて
必死で点数計算してみたり
懸命な努力をしても
糖質量を制限しなくては、病状は改善されない

なのに、自身の勉強不足や
ギョーカイの諸事情で
患者の自己管理に責任を転嫁し
信じるモノは足すくわれてしまった犠牲者を叱責したり
ついには合併症へと追い込んでしまう
犯罪者予備軍の医師や栄養士すべてのせんせ方に
本書の言葉をお伝えしたいモノだ

おっと、予備軍と書いてしまったが
あなた方のしている治療や指導は
もはや傷害罪であり、殺人未遂といっても
けっして過言ではないのである


テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/01/10(日) 10:10:10|
  2. 糖質制限
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乾物

乾物は、どうもごはんのおかず的使い方になりがちで
糖質制限を始めて以来(といっても、もう7年以上になるが)
あまり使わなくなったことは否めない

冷凍庫もそうだが
死蔵している乾物も実はたくさんあって
かなりの長期滞在者も
当然、賞味期限的にはレッドゾーン

だが、賞味期限との戦いは
紫陽花亭も同じく

そんなことは気にせず(自己責任)
粛々と消費に励もう

ということで始末の第二弾

切干大根、ひじき、おばんざい湯葉
浸し豆、凍み豆腐、干し椎茸、干し舞茸

おお、けっこうやっつけた
おかずではないので、もちろん薄味だ


  乾物始末切干煮
  山芋千切海苔添え
  タコ頭マリネ
  鶏ハツ煮
  豚高菜炒め


  切干煮


  山芋千切り


  タコマリネ


  鶏ハツ煮


  豚高菜炒め



  1. 2016/01/09(土) 01:09:19|
  2. 紫陽花亭酒場のお品書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

紫陽花亭酒場 捏造はじめ

郡山から帰京

冷蔵庫はほぼからっぽ
野菜も、年末からの年越し在庫がわずか
冷凍庫だけは不良在庫で満杯

ということで、しばらく
不良在庫の始末をすることにしよう


今年も、美味しく楽しく
同じ月に同じ捏造はしない
を基本方針に
日々是口実、捏造に励む所存


本日は、この4品

 明太ネギマヨ
 ゲソ山わさび和え
 三角定義揚げキャベツ煮
 カリカリチキンソテー


  明太ネギマヨ


  ゲソ山わさび


  三角定義キャベツ煮


  チキンソテー


テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

  1. 2016/01/07(木) 17:17:17|
  2. 紫陽花亭酒場のお品書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニューイヤーオペラコンサート

今年も3日に生放送だったが
録画を観た
かつて、と言ってももう随分以前になるが
10年くらい出演していたので、懐かしい番組だ

でももう、出演者(ソリスト&合唱団)の中に
誰一人知ってる人間はいなくなってしまった

この番組(コンサート)に関わっていたのは
主に80年代
当時は、31日も労働の特異日で
渋谷か九段下か新宿で必ず仕事があり
時には1日も労働
3日が終わって、ようやく年明け感覚だったっけ

その感覚が、まだ身体に染みついている
だから仕事のない年末年始は、なにか寂しい
というより、いまだに慣れないし きらいだ

哀しい性だね
正月に佐賀に行ったことはないが


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2016/01/07(木) 01:07:17|
  2. 紫陽花亭よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

捏造始め

よりによって 焼きめし


カニ炒飯


一応、リクエストがあって
余ったタラバの始末

今年初めての鍋振りなのに
一気に米約3合

建前は家人のためだが
製造責任者として、ほどほどの毒味はした


テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

  1. 2016/01/06(水) 01:06:16|
  2. 紫陽花亭酒場のお品書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「小梅茶荘」の福袋

年またぎの定番をもう一つ

人形町・甘酒横丁を一本脇に入った道にひっそりと佇む
中国茶の専門店 「小梅茶荘」
ここの福袋を買うのも、大きな楽しみの一つ

今年の福袋も、店主の小梅さんが
産地まで自ら赴いて選んだこだわりの銘茶が、たっぷり


  小梅福袋


今年は一回分のお茶が多くなり
バラエティがより豊かになった


  福袋詳細

  
紫陽花亭
日頃、芋ジュースや大麦エキスソーダ希釈水ばかり
飲んでいる訳ではないのだ





テーマ:紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー - ジャンル:グルメ

  1. 2016/01/05(火) 01:05:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おせちもいいけど 漬物もね

ぎっしりがっしりの「歓」のおせち重が主演男優なら
京都・西京極「川久」の京漬物は
はんなりあっさりの主演女優だ


  川久


それぞれ、旬の季節にしか作らない季節の漬物もすばらしいが
千枚漬は掛け値なしに日本一だと思う
ただし、糖質量はそこそこ高い
念のため

  以前、こんなBlogを書いた

糖質制限を始めてから、食生活は当然ながら劇的に変わった
突然食べるようになったもの
食べなくなってしまったもの
いろいろあるが
主食がどうの、糖質がどうの、は置いておいて
漬物を全然といっていいほど食べなくなった
それまでは、常に数種類の在庫があり
50年物の糠床で漬けた自家製のぬか漬けもあり
どこかに遠征に出掛ければ、必ず漬物を買って帰り
毎晩並べては、とっかえひっかえ食べるのを楽しみにしていた
しかし、漬物はどうしてもご飯の友であり、日本酒の友だ
だからコメアレルギー?宣言をして以来、漬物もすっかり縁遠くなってしまった

京都の西京極に、家族経営の小さな漬物屋がある
店構えは、率直に言ってしまえば
昭和、それも20年代か30年代のレトロ感たっぷりで
通りがかりだったら、かなりの勇気がないと敷居はまたげないだろう
そんな店だ

包装も、今時ビニール袋にゴム輪止め
しかし、味は純朴にして真っ当
季節を守り、地域を守り、伝統を何より大切にしている店だ

特に冬の千枚漬は絶品だ
しかも、おいそれとは手に入らない
売り出されるのは、12月からせいぜい1月中旬くらいまで
年によっては、かぶが固くなったから、と年内で漬け込みを止めてしまう
今回も、予約を入れた時点で年内分は完売になってしまっていて
届いたのは今月も半ばになってからだった
毎年、ここの千枚漬を食べるのが暮れの大いなる楽しみだったが
気になるのは、その「甘さ」

ある時、お会いした江部医師に尋ねると
「やめといた方がええやろな」とのお答えだった
その後お店に「千枚漬を注文したいが、糖質制限という食事療法をしていて…」と伝えると
「当店の千枚漬には、かなり砂糖を使用していますので
 『お互いのために』おやめになった方がよろしいと思います」
と丁寧な返信をいただいた
『お互いのため』 なんという気遣いだろう
そして、糖質の少なそうな詰め物を見繕って送っていただいた



京都の誇り、川久の漬物はネットでもお取り寄せができる

  → 川久、北尾商店のWeb Page



テーマ:お取り寄せグルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2016/01/04(月) 07:11:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「歓」の糖質制限おせち

後楽園「歓」の糖質制限おせち


  一の重


  二の重


  ふかひれ


26種類の料理が一の重・ニの重にぎっしり
砂糖の代わりにsweeteを使い
総糖質量は55.5g
これは白米茶碗1杯(150g)と同じだ

ごちそうさまでした



     うみゃぁ


     うみゃぁ


テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/01/03(日) 05:07:09|
  2. 糖質制限
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国際豆年

今年は国際豆年なんだそうだ

  → 国際連合食糧農業機関のプレスリリース


豆と言っても、日常安心して摂取できるのは大豆だけだが
大豆は糖質制限を続ける上での根幹食材の一つだ
よりせっせと摂取しようじゃないか
もとより、豆腐ラブ、揚げもラブ
枝豆やおから、時にひたし豆のない食生活は考えられない

そういえば、いつのまにか豆腐干絲とは縁遠くなってしまったな

だから、というわけではなく
肉と卵と蘇中心の生活に異を唱えるつもりもサラサラないのだが
大豆が含まれていないことは、常々残念に思っていた
さらに、ネコ族の紫陽花亭的には
魚もラインナップには不可欠なんである

なので、紫陽花亭的にはFishのF、SoybeanのSを加えて
F・MECSな糖質制限生活を提唱?したい

ん、なんやらサッカーチームのようだな

だったら豆のま、魚のさを加えて
まめっくすではどうだろう


テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/01/01(金) 01:01:01|
  2. ぶつくさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

紫陽花亭びんすけ

Author:紫陽花亭びんすけ
2009年4月より
「美味しく楽しく」
スーパー糖質制限を末永く実践中
時々糖質まつり

開始から約半年で
HbA1cやコレステ値は平常域に

カロリー計算は無視
蒸留酒やワインは
際限なくという毎日
しかし、糖質制限の副作用で
なんの努力もなく約15kg減量した
糖質制限の賞味期限2年
(DM学会の見解です)
を大幅に超えた今も
ここ数十年で一番の健康状態をキープ中

日々、捏造という料理実験
あるいはギャンブルを続け
アルコールと共に
胃袋に流し込んでいる

最新記事

最新コメント

カテゴリ

紫陽花亭酒場のお品書 (10)
糖質制限あれやこれや (10)
台湾を徘徊する (6)
紫陽花亭よもやま話 (6)
落語 (1)
紫陽花亭的捏造 INDEX 2016 (0)
-------- (18)
新規日記 (68)
新規日記(アーカイブ) (0)
或る日の捏造記録 (120)
郡山捏造日記 (18)
糖質制限ひろばアーカイブ (16)
糖質制限 (115)
あれこれ (60)
メディア (24)
イベント (19)
食材別INDEX(工事中) (29)
肉類 (0)
魚介類 (0)
大豆製品 (0)
卵・乳製品 (0)
野菜 (0)
調味料・香辛料 (9)
醸造酒・蒸留酒 (5)
麺類・パスタ (6)
その他 (9)
おんもで飲む・喰らう (7)
北海道・東北 (0)
旭川を徘徊する (0)
関東甲信越 (0)
東京 (13)
中部・関西 (15)
京都を徘徊する (3)
大阪を徘徊する (6)
中四国・九州 (0)
酒場(旧) (20)
外食ー糖質制限旧) (24)
外食ー糖質非制限旧) (19)
外食ー弁当 (21)
紫陽花亭について (20)
紫陽花亭の生き様 仕事編 (10)
徘徊日記 (45)
北海道を徘徊する (7)
長野を徘徊する (2)
愛知を徘徊する (5)
三重を徘徊する (3)
福岡を徘徊する (16)
ぶつくさ (16)
未分類 (158)
マンホール (3)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

検索フォーム

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。