紫陽花亭的 不規則正しい日常

スーパー糖質制限を始めて7年目になる飲んだくれDM2おやぢの日々の捏造記録などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どうしてくれる糖質制限〜都民の日に思うこと

今日からかんなづき
うへっ、今年も早くも第4コーナーに差しかかったか

「かんな」は「神無」と書くのが一般だが
食欲の秋、喰い物が旨くなれば酒も旨くなる
酒は命を削る鉋ともいう
(一般には百薬の長である)
とすれば、鉋月が本当なのか

まだ、酒呑みとしてケツが青い頃から
50で死ぬつもりだった

別に信長を気取った訳ではない
敦盛を舞うこともできない
父方・母方、どちらも酒呑みの家系で
どうせ自分も血管ぷっつんの最期が相場
50あたりが人生の消費期限だと思っていた

19でプロ入りし、食生活が一変
旅に出ては、夜な夜な酒場に出没
先輩の教えに従って、地の肴を地の酒で愛でる毎日
そんな生活が奏功し?
体重は半年で20kgほど増加
以来高値安定をキープし
移動性高血圧として日本列島を北から南、東から西へ
そして、ついに40の大台検診でDM宣告

さすがに少しは反省し
せっせと雑穀発芽玄米や低GI食品を摂取
肉や脂を避けたり
〆のラーメンを自粛したり
(単に胃の腑が衰えて、喰えなくなったとも言う)

しかし、矢印は一向に右肩下がりを目指すことなく
目標の人間五十年計画に向かって一直線

そんな余生を大きく狂わせたのが「糖質制限」だった

ようやく合併症発症にまでこぎ着けたのに
江部式スーパー糖質制限に出逢い
以来、ちょうど8年と5ヶ月と24日
メトホルミンは服用しているものの
数値は劇的に右肩下がりをして以来、低迷を続け
ついに先日は、寿命から9年も生き長らえてしまった
大嘘つきもいいところである

体重も、糖質制限を厳格に始めて3ヶ月で15kg減
HbA1cも正常値まで下がったとはいえ
副作用も数々

まず、確実にエンゲル係数が上がる
とうに繁殖期を終えているので
もうどんな肉を喰っても
自己責任で動じないが
だからせめて、ひたすら安い肉と半額シールを友とするも
炭水化物の主食が、いかに安価かを思い知る

ウェストをはじめ、体のサイズも大変動
シングルのジャケットは
ダブルを飛び越えトリプルサイズになり
おかげで労働用の衣装も総取っ替え
思わぬ出費になってしまった

おまけに、知り合いとすれ違っても
気付かず素通りされ
背中から「紫陽花亭なの?」と声を掛けられる
声も掛けられず
陰では重病説もひそひそと囁かれていたであろう

おまけに、最近とんでもない副作用が発見されてしまう
メトホルミンに、アンチエイジングの効果があるというのだ


  「寿命120歳」不老薬に現実味 実は安価な糖尿病薬 米で臨床試験許可 (1/3ページ)


じぇじぇじぇの、びっくりぽんの
どうしたもんじゃろうのーなのだ

まだまだ鬼瓦が笑うお話だが
あと半年で糖質制限生活も9年目
不規則正しい生活も40年目?

その時は、お祝いの大糖質まつりだな(爆)

ちなみに
「糖質まつり」
この言葉を捏造したのは紫陽花亭だと自負している

あとは「豆腐干絲」を紹介したこと位かなぁ
ま、その程度の 記憶に残る糖質制限 は
この男、してきたようだ

テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/10/01(土) 01:10:16|
  2. 紫陽花亭よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

瀕死の白鳥になる前に

東京新聞の記事から

  三遊亭白鳥「笑う門には福来たる」

  白鳥


ああ、9年前の自分もそうだった

せっせと雑穀玄米を炊き
肉を控え、脂を避け、刺身をビールや日本酒で流し込んでいた

当時、Ⅱ型の治験を始めていて
クリニックが新宿三丁目にあったので
診察の後は「臨時収入があった、と称して
近くの「船橋」や「つな八」「てんや」などに引っ掛かっては
悦に入っていた

まだ、糖質制限の知識も今後の方針も
曖昧模糊としていた時代だった


白鳥師匠、早く気付いてくれ
糖質制限の知識があるなら
玄米も麦も、糖質だってことを

真弓ちゃんより、江部先生や宗田先生に教えを乞うてくれ


最近、ある方の闘病が話題になっていて
いろんな意見が飛び交っている

別に、そのお方の食事について
どうこう言うつもりはない
食事についても調べまくっているだろうし
その上で、納得して食べているのだと思うから

師匠とDM以外の病を結びつけるつもりもない

だけど、糖質はいろんな病の原因であり
体内の異分子の主食になるんだよ
(あくまで個人の感想です)




テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/09/21(水) 09:09:21|
  2. 糖質制限あれやこれや
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金ちゃん

心のふるさと 「金ちゃん」

練馬のシンボル的もつ焼き屋
ここを知らない練馬の酒呑みはもぐりだ

  「金ちゃん」食べログ  →  ☆☆☆

初めて暖簾をくぐったのは
まだプロの酒呑みとは言えない20代の頃
だが、小学生の時
集団登校の集合場所が店の近所だったので
店の存在は約50年前から知っていた
しかも、その場所は警察の向かいだったので
ちょうど集合の時間に大型バスが現れて
前夜の宿泊客が一列に並んで電車ごっこ?
みたいな風景も毎週何度か見ていた

最近はあまり顔を出していないが
久しぶりに訪れた

大将、79だそうである

同級生(たぶん)にはこんな蒼々たる面々の名前が並ぶ

 柳生 博(1/7) 笑福亭 仁鶴(1/28) 加山 雄三(4/11)
 左 とん平(5/30) 伊東 四朗(6/15) 浅井 愼平(7/1)
 北島 三郎(10/4) 大山 のぶ代(10/16) 里見 浩太郎(11/28)
 山崎 努(12/2) 川淵 三郎(12/3)

大将は、片時もホームポジションである焼き台の前を離れず
腰が曲がった姿で串を焼ながらも
常に背中にも目がある如く店内を仕切り
スタッフを怒鳴って指図する
圧倒的な現役なんである、すごい

串焼きは、いまどき一串¥80だ
けっして貧弱でも既製品でもない
串に限らず、他のつまみも激安
ホッピーを頼めば
一杯目からジョッキの半分以上が「なか」
だから、開店直後から客が途切れることがない

途中、唐辛子がノドに絡みくしゃみが止まらなくなると
(最近マイブームな老化現象だ)
大将が水の入ったコップに割り箸を十字に載せて
「これ、四方向から飲みなよ、おまじない」
と持ってきてくれた


  おまじない


(画像はイメージです
 金ちゃんはキンミヤではなく、源氏だし)


それをきっかけに大将と、ご歓談(^^;
これって、けっこうレアな経験だ

小学生の頃から店の前を毎朝通っていた
なんて話したら喜んで?くれて
「ウチにはよく来てくれてるのかい?」
と聞かれたので
「まぁ、20代の頃から100回位は」
と言うと
「そうかい、じゃぁまだ常連とは言えないな」
とウケてくれた
お勘定済ますと
なんと大将の方から手を差し出して握手してくれた

楽しい
大切な店だ


テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

  1. 2016/08/30(火) 08:30:16|
  2. おんもで飲む・喰らう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それが私の生きる道

なんだろね?
ま、糖質制限は一生続ける訳ですが

いただいた仕事は
有難く、先着順でお受けいたします
はい、仕事です


今年も吉例 アンダ・ザ・ビッグオニオン

たぶん
少なくとも25回連続、30度目くらいの出場(^^;

本編に関しては…
まぁ、いいか(笑)

ほとんどのマラソン?ランナーを
毎年特等席(立ち見だけど)で見届け
思うこと、書きたいことは山ほどあるが
書けることは???
ただ、今年は画期的な裏番組?があったことを
あえて記しておく

今年もケータリングレポートでお茶を濁す(笑)


  ケータリング


武道館名物?
冷やしキュウリは、今年も健在
しかも両端を切ってある配慮が!


  きうり


例年ボランティアさんなんだろうが
今年のスタッフは、なんとなくだが
クオリティが高かったような
ちょっとした気遣いが感じられるだけで
勤労意欲は嫌が応にも湧くものだ
ただ、ケータリングの主役にして
物量の大半は、やっぱり炭水化物
これだけは、致し方ないか

以前の定番、今は亡き豚汁が懐かしい

いただいた弁当のごはんの幅も画期的だった
(made by 京樽)
おかずは糖質満載で、問題ない訳ではないが
建込み日のガツン系弁当に比べて
優しいのも今年の特徴


  弁当


  弁当表


ちなみに、お隣の生放送は津多屋だった
明らかに予算が違う
もっとも、姿を消したあの人が君臨してた頃の
対岸の弁当は今半だったっけ

オンエアはつつがなく終了


これまた、吉例の打上げはさくら水産


  さくら水産


自慢じゃないが、さくら水産に顔を出すのは
年に一度、この日きり
ま、それも訳ありなのだが

それが私の生きる道

悪いわね ありがとね これからもよろしくね
ってか

この歌詞を耳にすると
ある噺家の顔が頭に浮かぶ紫陽花亭は
かなりの変わり者(^^ゞ


帰り道、福神漬けを買うこともなく 帰宅
買って帰っても冷や飯ないし

漬物って、切らしたことがない必須アイテムだったのに
糖質制限を始めてからは、とんとご無沙汰になってしまった食いものの一つ
嗜好は変わりようがないが、中味は随分変わった
50年来?続けてきた糠床もダメにしてしまったし…

それも男の生きる道?


今年もお疲れさまでした!


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2016/08/29(月) 08:29:16|
  2. 紫陽花亭よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

捏造のちからづおい戦友

たぶん、今
もっとも良質なクオリティの高い番組の一つ

「あてなよる」

オンエアは月イチ
もちろん毎回観て、保存している
8回目は「ハムで呑む」がテーマだった

というお話はおいといて

番組中、一瞬映ったガスレンジに驚いた
ウチのレンジと同じじゃないか!


  あてなよる


このレンジだが
これだろ


  ハーマン


なんだか、にやっとしてしまう

色々優れもの機能満載なのだが
何故か、カタログで大々的に扱われることはない

 超高性能だが、高価格のせいなのか
 少なくとも、主婦向きではないしな

全面ステンレスなので、がさつな取扱いにも耐えるし
フラットな鋳物五徳なので、デッドスペースがなく
鍋の移動もらくらく
おまけに、ダッチオーブンまでついてくる

もう買い替えてから10年以上になるが
いまだに現役だし
まったく劣化もしていない

別にメーカーの回し者でもなんでもないのだが
これ以上優秀な家庭用レンジはないと思うのだ  →→  ハーマン


さて、そんな日の捏造だが
手抜きにつき、あんまりレンジを活用してない(^^ゞ


  ゴーヤおしたし


  タコマリネ


  551


  鯖塩焼


  洋風他人煮


  ゴーヤおしたし
  タコ頭クリームマリネ
  551の焼売
  鯖塩焼
  洋風他人煮
   いつもの親子煮を
   だしをコンソメ系に
   具を豚バラと余ったソーセージに変え卵とじに


 使ったのは、北見のオニオンスープと
 淡路島オニオンスパイス


  オニオンスパイス


 この二つも優れものなのだが
 北見の玉ねぎが壊滅状態になってしまい
 オニオンスープの今後がどうなるか、心配だ





テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/08/27(土) 08:27:16|
  2. 糖質制限あれやこれや
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の山ちゃん」死して手羽先を遺す

  NHK News Web  →  「世界の山ちゃん」創業者 山本重雄さん死去


手羽先のから揚げなど、いわゆる「名古屋めし」で知られる居酒屋チェーン「世界の山ちゃん」の創業者、山本重雄さんが大動脈解離で21日、亡くなったことが分かりました。59歳でした。

店を運営する会社によりますと、山本さんは、岐阜県関市の出身で自衛隊の隊員などを経て昭和56年に名古屋市の繁華街に1号店をオープンさせました。「名古屋めし」と呼ばれる手羽先のから揚げなどを看板メニューにして売り上げを伸ばし、現在は愛知県内を中心に東京や関西など全国に71店舗を展開しているほか、海外の台湾やタイなどにも進出しています。
山本さんはチェーン店の運営会社の会長を務めていましたが、21日朝、自宅で体調を崩して名古屋市内の病院に運ばれ、大動脈解離で亡くなったということです。

亡くなった山本重雄さんと親交があったという名古屋市の河村市長は、22日の記者会見で「ゼロからたたき上げで商売を始め、名古屋のシンボルを作った地域にとって重要な人だ。商売の神髄を語るなど話もおもしろい人で、亡くなったことは大変悲しい」と述べました。


わっ、同い年かぁ
知らなかった

  えーっと、河村さん
  名古屋のシンボルを作ったのは「風来坊」であって
  「山ちゃん」はパクったんですけど


山本氏の人と商売については、この記事に詳しい


  →  幻の手羽先はパクリ
     エスワイフード会長 山本重雄の創業秘話

  

紫陽花亭は、断固「元祖・風来坊」派なので
「山ちゃん」に対する思い入れは
ほとんど、まったく、ない
でも名古屋では
大人の事情でたびたびお世話になっている店だ

まだ栄に一店舗か数店舗しかなく
「幻の手羽先」と言われてた数十年前に出かけ
手羽先のあまりの貧相なプロポーションと
コショーと化調味オンリーに驚いた

  ビアフラのツイギーか!

風来坊の手羽先だって、十分化調まみれなのだが
可食部分はけっこうある
これのどこが「幻」? と思ったが
今や全国に75店舗を展開
香港・タイ・台湾に進出するまでになった

対照的に元祖「風来坊」は
いまだ東海オンリー
東京にも以前出店したが
(しかも伊勢丹の並びという超一等地)
あえなく半年で撤退してしまった

どちらがどう、とは言えない
チェーン店展開による企業の拡大と
味のさらなる向上は、まったく相関関係にはない
むしろ、逆の場合がすべてと言ってもいい

それでも
山本会長の着眼と商才は、さすがと言わざるを得ない
やはり料理人ではなく、商売人だったのだ
さすがカリスマ創業者

つつしんで、哀悼

テーマ:名古屋のおいしいお店 - ジャンル:グルメ

  1. 2016/08/22(月) 22:08:16|
  2. あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カリフラワー炒飯

激安のカリフラワーを見つけた
いつもは一玉¥300近く、とても手が出ないが
その半額以下だ
もちろん、B級品でそれなりのクオリティだが
歓び勇んで、ご購入


 カリフラワー


買ったのは八百屋ではない
三茶のセブンイレブンの店頭に仮設された
激安野菜コーナー
ま、でも
24時間常設の激安八百屋だ

最近は、コンビニの店頭で
こんなこともできるんだ

通りがかるたびに品揃えが違い
(飽きられないよう、あえて品揃えを変えているという)
しかも、いつも激安の掘り出し物がある
日中はおじさんがいて、その人に代金を払うが
おじさんがいなければ
ちゃんとレジで買うことができる
って、当たり前か

この日のそれが、カリフラワーだった

とりあえず、試作


  カリフラワー炒飯


いままで炒飯(代替品)は
おからや豆腐干絲で捏造してきたが
カリフラワーも、おおいに「有り」だ

コストさえ、安ければね

テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/08/12(金) 08:12:16|
  2. 或る日の捏造記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紫陽花亭式 糖質制限十ヶ条

糖質制限を始めてから、ちょうど7年と8ヶ月と3日目
今までの喰いざまを振り返り
自分なりの糖質制限生活の指針を総括してみた

 1 糖質制限の目的は血糖値コントロール

 2 清く正しくより、美味しく楽しく

 3 江部式スーパー糖質制限を基本にする

 4 一日二食、ときに釜池式(一食)
   
 5 アルコール消毒も欠かさずに

 6 調味料は糖質よりクオリティ重視

 7 糖質制限を主義や宗教、ショーバイにしない

 8 友好第一・糖質第二

 9 自分の歩幅で

10 刹那の数値に一喜一憂しない

番外 糖質制限も不規則正しく


各論はおいおい

なお、この内容は
生活環境の変化や気分に応じて
随時増減変更する可能性があり
公約やマニフェストではないが
そこまで都合のいいウソをつく気もなく
さりとて、皆様とのお約束でもないので
後日新しい判断をしたとしても
とやかく言われる筋合いのものでもない

なお紫陽花亭は2DMer・ケトラーなので
ダイエット等はもとより全く念頭にないので
悪しからず

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2016/08/11(木) 11:08:16|
  2. 糖質制限あれやこれや
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

糖質制限ビジネスは利害関係の宝石箱や〜

さて、もう一人
気になる御仁がいる
私のお腹は糖質の宝石箱や〜
の、彦摩呂氏

随分前の記事だけど

  『彦摩呂が体重20kgもの激痩せ!低糖質ダイエットの3つのコツ』

  →  http://diet-de-yasetai.jp/geinou/hikomaro


これは2015年冬のおはなし

しかし、「彦摩呂」「ダイエット」で検索しても
出てくるのはその頃の記事ばかりで
最新のものはなにもない

そして、どうやら
以下の記事によれば、そのダイエット
そもそもタイアップ企画だったらしい

 『 【画像】彦摩呂のダイエットは日テレが「低糖質パン」を売るための企画か。「まだ太ってる」「痩せてない」とネットで物議、PON!で』

  →  http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/42712579.html


で、今はどうしているのかと
当時のブログ「彦摩呂の低糖質ダイアリー」を検索すると…

 ないっ

しかも、肝心の
日テレ0プラスはすでに解散しちゃってるじゃない

  →  http://www.ntv7.jp/info/pdf/release20150223.pdf


もちろん「三ツ星低糖質レストラン」なるものも
いつのまにか消えているし
ご本人の公式ブログからも
「ダイエット続行中」の文字はフェイドアウト

ま、いろんな大人の事情なんでしょうが
なかったことにしていいのかな?
きな臭い片棒担いじゃったんじゃないの?

てか、このバアイ
どっちかというと加害者になってしまうのでは?
と要らぬ心配

とはいえ、2〜30kg程度の増減では
体型が変わったように見えないのは
お人柄? ではないね
お得なビジュアルなのかな?


同じ記事を引用した
こんなフォーミディブルさんのBlogもありまして

  『彦麻呂がここまでバカだとは思わなかった、自分の健康をお金にかえて人を欺くってどうよ。』

  →  http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-815.html

ふむふむ、的をついてますね


ま、最近「緩い糖質制限ダイエット」とかを
どこぞのお偉い立場の方がお勧めでいらっしゃいますが
気をつけよう、甘い言葉と緩い糖質ということですかね

自己責任で召し上がれば
それはそれ、いいんですけど
堂々と小麦製品を勧めるのはいかがなものだろうか?

しかも、1日の糖質量基準は70g〜130g
70gは江部式に近いが
130gといったら、立派な糖質まつりですよ
あちらこちらを、ビミョーにチラ見したり
意識したり、気を遣ったり
あらあら大変

あのお方
ガラパゴスな時代錯誤学会の中で
孤軍奮闘する姿に密かに敬意を表していたのだが
TVに登場するニコニコ顔が
スポンサー企業に魂を売ってしまった
ショーバイ人にしか見えない紫陽花亭なのでございます

いえ、世に低糖質な食品が広まることは結構なこと
でも、DMな方は
成分表示はよくご覧あそばせ ということで


  まったくの余談だが
  似たタイトルを冠したカフェの閉店事情も
  なにやらリンクしていたりして…


いろんなしがらみや利害関係を背負いながら
糖質制限を世に広めようとする御仁は大変ですね
ああ、それを考えただけで血糖値が上がりそう


紫陽花亭は、そういうドロドロとは関係なく
今日も斜に構えながら、てめーのために
毒を吐きつつ美味しく楽しく捏造を続ける所存

テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/08/10(水) 20:30:40|
  2. 糖質制限あれやこれや
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乱暴透析

またまた、犠牲者がひとり…


  『渡辺徹が人工透析…糖尿病の現在の病状&病気の原因と噂の食生活まとめ』

    →  http://newsmatomedia.com/watanabe-tooru-1


この記事によると
どうやら、事態は深刻らしい
以前からいろいろ囁かれていたが
事務所は否定していたようにみえた
しかし、DMであったことは明かで
すでに合併症のゴール? 心筋梗塞すら起こしている

事務所も人工透析は認めている模様

DM発症は30歳と、かなり早い

紫陽花亭は40の大台検診で発覚したが
さすがに、それから遡ること10年
30の頃には発症してなかったと思う
地方ロケならぬ、地方の仕事は喜んでこなしていたけれど
1日6000kcalに至るような暴食はさすがにしていなかった
てか、できない

記事中に「肉一辺倒」とあるが

  「地方に行けば、好きなだけ食べられるということなんでしょう。旅番組なんかではまんじゅうだと1度に10個も食べたり、イタリアンでは、ナポリタン、カルボナーラ、ミートソースの3皿をいっぺんに食べたり、とにかく凄い。」

  「大好物はマヨネーズみたいで、出されたカツ丼の上に持参したマヨネーズをたっぷりかけて食べたときにはみんな唖然としました」

  「多い日には1日6食。さらに食事ごとに1.5リットルのコーラをがぶ飲みし、合計で6本飲み干した」「カルピスを原液で飲む」などの猛烈な大食いエピソードが山盛り。

これはもう、肉がどうのというお話ではなく
糖質の過剰異常摂取としか言えないのでは?

マヨはいいけど、かつ丼はあかんやろ

だが、可哀想に
できもしないカロリー制限を指導され
ダイエットとリバウンドの繰り返し
奥さんも巻き込んだ挙げ句、とうとう人工透析に

彼も、家族も、ある意味「犠牲者」

たかだか数十万・数百万の公私混同の揚げ足を取る前に
(それも問題ではあるけどさ)
患者のQOLを台無しにするのと引き替えに
透析ビジネスで巨額の冨を得てほくそ笑む薬屋・医者や
それをアシストする小役人どもを断罪するべきなんじゃないの?


テーマ:糖質制限食 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/08/10(水) 12:14:16|
  2. 糖質制限あれやこれや
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

紫陽花亭びんすけ

Author:紫陽花亭びんすけ
2009年4月より
「美味しく楽しく」
スーパー糖質制限を末永く実践中
時々糖質まつり

開始から約半年で
HbA1cやコレステ値は平常域に

カロリー計算は無視
蒸留酒やワインは
際限なくという毎日
しかし、糖質制限の副作用で
なんの努力もなく約15kg減量した
糖質制限の賞味期限2年
(DM学会の見解です)
を大幅に超えた今も
ここ数十年で一番の健康状態をキープ中

日々、捏造という料理実験
あるいはギャンブルを続け
アルコールと共に
胃袋に流し込んでいる

最新記事

最新コメント

カテゴリ

紫陽花亭酒場のお品書 (10)
糖質制限あれやこれや (10)
台湾を徘徊する (6)
紫陽花亭よもやま話 (6)
落語 (1)
紫陽花亭的捏造 INDEX 2016 (0)
-------- (18)
新規日記 (68)
新規日記(アーカイブ) (0)
或る日の捏造記録 (120)
郡山捏造日記 (18)
糖質制限ひろばアーカイブ (16)
糖質制限 (115)
あれこれ (60)
メディア (24)
イベント (19)
食材別INDEX(工事中) (29)
肉類 (0)
魚介類 (0)
大豆製品 (0)
卵・乳製品 (0)
野菜 (0)
調味料・香辛料 (9)
醸造酒・蒸留酒 (5)
麺類・パスタ (6)
その他 (9)
おんもで飲む・喰らう (7)
北海道・東北 (0)
旭川を徘徊する (0)
関東甲信越 (0)
東京 (13)
中部・関西 (15)
京都を徘徊する (3)
大阪を徘徊する (6)
中四国・九州 (0)
酒場(旧) (20)
外食ー糖質制限旧) (24)
外食ー糖質非制限旧) (19)
外食ー弁当 (21)
紫陽花亭について (20)
紫陽花亭の生き様 仕事編 (10)
徘徊日記 (45)
北海道を徘徊する (7)
長野を徘徊する (2)
愛知を徘徊する (5)
三重を徘徊する (3)
福岡を徘徊する (16)
ぶつくさ (16)
未分類 (158)
マンホール (3)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

検索フォーム

カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。